「Web動画学習サイト」が無料なのに便利過ぎる件

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「Web動画学習サイト」が無料なのに便利過ぎる件

2016.05.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「Web動画学習サイト」が無料なのに便利過ぎる件

現在、インターネット上には、無料でプログラミングやデザインの勉強ができるWebサイトが数多く存在しています。そこで今回は、無料で気軽に勉強することができる「Web動画学習サイト」について紹介します。

この記事をまとめると

  • 「SCHOO」は90分で本格的な授業で幅広分野を勉強することができる
  • 「ドットインストール」はプログラミング分野を3分動画で手軽に勉強することができる
  • MVAはマイクロソフトの技術を勉強することができる

SCHOO(スクー)

「schoo」https://schoo.jp/

「schoo」https://schoo.jp/

SCHOO(スクー)は生放送の授業スタイルで、学習コンテンツを提供するWebサイトです(生放送された授業は、録画配信もされています)。まるで学校証のようなアカウントを作成し、「デザイン」「プログラミング」「ビジネス英語」「スタートアップ」「英語」「教養」「特別授業」のコース(学部)から、自分に合うものを選択します。そのコースの中から気になる授業を選択し、動画を再生すると、本格的な授業が開始されます。
大学の授業と同様、約90分間に及ぶ講義なので、「よし! これから勉強するぞ!」という意識のもと、しっかりと勉強することができるでしょう。
ただし有料会員制でもあるため、無料会員だと授業の回数やサービスに制限があるのでご注意、ご確認を。

ドットインストール

「ドットインストール」http://dotinstall.com/

「ドットインストール」http://dotinstall.com/

ドットインストールは、日本国内で有名なプログラミング学習サイトの一つです。主に「モバイル開発(iOSアプリ/Andoroidアプリ)」「ホームページ制作」「Javascript関連」「Webサービス作成」といった技術分野に特化した内容となっており、学習できる分野は多岐に渡ります。授業の時間が約3分×数10本の長さでまとめられているのが特徴です。3分/1本の動画で得られる情報量は少ないものの、移動時や手が空いたときに気楽に勉強できることがメリットとして挙げられます。
無料でも十分に基礎の勉強ができるのですが、講義で使用されたプログラムのソース閲覧の機能などが得られる有料会員制もあるので、もし熱心に勉強したいと思ったら、登録してみるのもいいでしょう。

MVA(マイクロソフト・バーチャル・アカデミー)

「MVA」https://mva.microsoft.com/

「MVA」https://mva.microsoft.com/

ここまで紹介した上記二つのサイトよりも、さらにIT技術(ここではマイクロソフトテクノロジー)に特化したことが学べるのがMVA(マイクロソフト・バーチャル・アカデミー)です。マイクロソフト社が提供するこのサービスは、Webサービスの開発はもちろん、サーバー開発やクラウド開発に取り組むことができます(ただし、海外のサービスなので英文を読むスキルや基礎的なプログラミング知識が必要となる)。動画は数分程度のものから60分以上のものまで準備されており、トピックによって分けられています。全てのコンテンツは無料で閲覧できることから、上記2つのWebサイトで基礎を学び、腕をつけてから、このMVAで更なる技術を身につけられるといいかもしれません。

動画コンテンツを用いて学習する際のポイント

これまで紹介した動画学習サイトの使い分けかたを簡単に紹介すると以下のようになります。

・ドットインストール→手軽にプログラミングを学習したいとき
・schoo→じっくり学習したいとき
・MVA→マイクロソフトテクノロジーを深く理解したいとき

基礎知識を学ぶ際、とりあえず無料登録をしてみて、「もっと学びたい!」と思ったら有料登録をするという方法もあります。
また、他にも動画学習サイトは存在していますが、授業は「見ること」ではなく、実際に手を動かして「挑戦すること」が大切なので、頭だけではなく手を動かしてみましょう。プログラミングは、大学や専門学校でより深く学ぶこともできます。将来、アプリやゲームを作ってみたい人は、ぜひ勉強してみてくださいね。

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報工学」
はこんな学問です

情報工学の研究対象は、コンピュータ端末のハードとソフトに始まり、情報通信を数学的に考察する情報理論、さらにさまざま通信技術、マルチメディア技術に及ぶ。研究する分野も幅広く、コンピュータを設計してコンピュータシステムを構築する「計算機工学」、情報システムの設計・プログラミング・データベースなどを扱う「ソフトウェア」、現実の問題をコンピュータと数学を用いて解決する「数理情報工学」などがある。

「情報工学」について詳しく見る