ウーパールーパーの仲間、絶滅危惧種「カスミサンショウウオ」を守れ!!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ウーパールーパーの仲間、絶滅危惧種「カスミサンショウウオ」を守れ!!

2016.05.02

提供元:マイナビ進学編集部

ウーパールーパーの仲間、絶滅危惧種「カスミサンショウウオ」を守れ!!

「カスミサンショウウオ」って知ってますか? 人間が土地を切り開くなどして減ってしまったため、絶滅危惧種に指定されています。滋賀県に生息している「カスミサンショウウオ」とは、いったいどんな生き物なのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 絶滅危惧種のカスミサンショウウオについて
  • カスミサンショウウオは、涼しい場所が大好きな小さな生き物
  • 地域のみんなが参加して、絶滅危惧種を守る

絶滅危惧種のカスミサンショウウオ

カスミサンショウウオは、西日本中心に生息する体長10センチほどの両生類です。カスミサンショウウオが減ってきたのは、魚やアメリカザリガニなどによる捕食、農地や山林に家を建てたり、森林の伐採などが原因と言われています。カスミサンショウウオは、住むところが限定されるので、余計に減少傾向になってしまっているのかもしれません。このカスミサンショウウオは、子ども(幼生)の間は、水中で生活をし、大人(成体)になると、陸上で生活します。オスとメスの見分け方ですが、オスの方が大きいということと、あとは、産卵期に卵を持っているかどうかということ、尾の部分が、短く尖っているのがメスです。

カスミサンショウウオは涼しい場所が好き

カスミサンショウウオという正式名称を聞いたことはなくても、サンショウウオという名前くらいなら聞いたことがある人がいるかもしれませんね。ただ、どんな生き物なのかわからないという人は多いのではないでしょうか。実は、カスミサンショウウオは、イモリや、ウーパールーパーの仲間なので、両生類の生き物です。普段、涼しい山中の倒木や石の下、側溝などにいるようで、暑さに苦手な生き物なので、25度を超える場所では元気がなくなってしまいます。だいたい20度前後なら快適に過ごせるようです。

絶滅の危機を救うために

絶滅危惧種のカスミサンショウウオを、滋賀県長浜市の田村山を中心に地域一体で守る活動をしている団体があります。それが「田村山生き物ネットワーク」です。2010年に大学の先生が立ち上げ、学生が参加している保護組織でしたが、今では長浜市、地元企業・自治会・教育機関、小中高校生が参加するまでに広がっています。地域の人たちは、カスミサンショウウオの卵や子どもを食べてしまうヤゴやザリガニを排除したり、勝手にカスミサンショウウオを持ち帰る一般の人に注意したり、水路の水が減っているのを確認したりなど、地域の生き物は自分たちで守ろうとこまめに取り組み、見守り続けています。小中高校生も、日曜日や夏休みを利用して保護池の清掃などの活動をして、カスミサンショウウオを守っています。ぜひ、あなたも環境保全のお手伝いをしてみてはいかがでしょうか。

また、こういった生き物を守る活動や絶滅危惧種については、農学や生物学で学べます。こうした環境保全のお手伝いをすることで、もっとたくさんの生物に興味が出るかもしれませんね。

この記事のテーマ
農学・水産学・生物」を解説

私たちはほかの生物から栄養をもらって生活をしています。しかも、採集や狩猟だけではなく、食物を生産するという手段を得て、今日のように繁栄しました。人口増加や環境悪化などに対応し、将来的に安定した食料の確保を維持するためには、農業、林業、水産業などの生産技術の向上が必要です。さらに突き詰めて考えれば、動植物や微生物などの多様な生物に対する研究も重要です。自然との共生が大きなテーマになる学問です。

「農学・水産学・生物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「生物学」
はこんな学問です

マクロな地球の生態系からミクロな細胞の世界まで、さまざまなレベルで起きている生命現象を実験・観察することによって研究する学問である。人間を含めた動物・植物・微生物など、あらゆる生命体が研究対象となる。主な研究分野としては、タンパク質を中心にした生体内の高分子の機能をその構造から研究する「構造生物学」、生態系の構成要素である生物と環境の関わりを研究する「環境生態学」などがある。

「生物学」について詳しく見る