中間テスト前の勉強の整理に! 学校のプリントの上手なまとめ方って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

中間テスト前の勉強の整理に! 学校のプリントの上手なまとめ方って?

2016.05.16

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

中間テスト前の勉強の整理に! 学校のプリントの上手なまとめ方って?

「学校で配られるプリントの量が多すぎて、テスト前の整理が大変……」「そもそも部屋の中がプリントだらけで、落ち着いて勉強ができない……」。こんな悩みがある人は、効率的なプリント整理の方法を知って、次のテストを乗り切りましょう!

そこで今回は、東京都中野区にある塾「早稲田学習教室」の高橋達也先生に、プリントのまとめ方のコツや、プリント整理が苦手な人へのアドバイスを聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 塾の先生に「プリントのまとめ方のコツ」を聞いてみた
  • プリント整理をしながら、復習に役立てることもできる
  • プリントの扱い方には、勉強の姿勢が表れるという

プリントのまとめ方のコツを聞いてみた

「早稲田学習教室」の高橋達也先生

「早稲田学習教室」の高橋達也先生

――まず、プリントを整理することの意味を教えてください。

高橋先生(以下、高):先生がプリントを配る、特に先生自身がつくったプリントを配るということは、「こういうふうに覚えてくれ」というメッセージの表れなんです。だから、そのプリントは大切だし、状況によってはそのままテストに出る。そういう貴重な資料として捉えるということが重要ですよね。「何だ、この紙」と、ないがしろにしてはいけません。プリントを整理することは、ものを教わることの根本的な姿勢に関わります。


――おすすめのプリントのまとめ方はありますか?

高:面倒なことが嫌いな人は、各科目ごとにクリアファイルを用意するか、科目のノートにとりあえず挟む。ノートやファイルを開けば、大事なプリントが入っているという状態にしておくといいですね。

あとは、パカっと開けるとジャバラになっているファイル(たくさんの仕切りがついた大きなファイル)に科目ごとに入れていくのもお勧めです。ただ、テストが終わるたびに空っぽにしていかないと、どんどん分厚く膨らんでしまうので注意が必要です。


――学校の先生に「ノート提出」が義務付けられている場合、どのようなことに気をつけてプリントをまとめればいいですか?

高:先生にもよりますが、プリントをちゃんとノートに貼っておかないと平常点に響くことがあります。そして、きちんとプリントの空欄が埋まっていないと当然、評価は下がります。授業はきちんと聞くのが基本ではありますが、たまには寝ちゃったり、サボっちゃったりして埋まらないこともあるでしょう。その場合、提出日の直前までノートに貼らないようにして、プリント1枚の状態で友だちとお互いに見せ合って埋めるといいです。あとは、写メで答えを撮って、LINEで送ってもらうという方法もあります。


――プリントの整理において、特に高校1~2年生の人が注意すべきことは何でしょうか?

高:3年生になると科目数は減りますが、1~2年生のころは科目が多過ぎて、テスト勉強で「手が回らない」と思ってしまうこともあるでしょう。テスト直前の大事なときにプリントまとめをしていると、時間がもったいないので、普段から少しずつ整理しておいてください。

プリント整理が苦手な人は、まずは「できるところからやる」

――プリントを整理しながら、復習をすることができるとお聞きしました。

高:家に帰って、その日、授業で扱ったプリントを整理するときに、内容をチラッと見る。全部を熟読する必要はありません。30秒でいいです。それだけでも復習になりますよ。プリント内の重要なポイント、つまり、大きな文字や、赤で線を引いた箇所、マーカーでチェックした部分、そういったところが目に飛び込んでくる。プリント整理時間を、一瞬の復習タイムとして使うことをお勧めします。


――中にはプリントをなくしてしまう人がいます。なぜ、なくしてしまうのでしょうか?

高:本当はなくしているのではなくて、「探すのが面倒くさい」のだと思います。あとは、机周りが乱雑すぎて、いろいろなものに混ざっちゃうんでしょうね。やっぱり、先生から渡されたプリントを「尊重する意思」がないと、どうしても軽んじちゃうことになります。


――どうしても、プリント整理ができない、面倒くさくなってしまうという人もいます。どうすれば、整理上手になれますか?

高:今、家がプリントの山になっているのであれば、せめて科目別に分類してみてはどうでしょうか。いきなり完璧に整理しようとするのではなくて、できるところからやる。いざ整理しようと思うと、「プリントの通し番号の●番と、●番がない! どうしよう!」ということになるかもしれません。でも、そこにもこだわらない!「目の前の状況を、一歩改善しよう」という気持ちが大事です。

あと、整理整頓は大人になるにつれてだんだんできてくるものだと思います。とりあえず、小さな一歩を進もうよ、ということはアドバイスしたいですね。

今日から、プリント整理を始めてみよう

「プリントの扱いは、ものごとを教わるときの根本的な姿勢に関わる」という高橋先生の言葉が印象に残りました。例えば、財布や携帯電話を頻繁になくす人はいません。しかし、配られたプリントを頻繁になくす人はいます。その人にとって、財布や携帯電話は大事だけれど、プリントの重要度が表れているということなのかもしれません。

「自分はプリントをよくなくしている。マズイなー」と思った人は、まずは目の前の状況を一歩改善するためにも、今日からあなたもプリント整理を始めてみてはいかがでしょうか。


【取材協力】早稲田学習教室
http://members.jcom.home.ne.jp/anthroposo/