中国からの観光客急増中! 中国人観光客は日本のどこに行くの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

中国からの観光客急増中! 中国人観光客は日本のどこに行くの?

2016.04.21

提供元:マイナビ進学編集部

中国からの観光客急増中! 中国人観光客は日本のどこに行くの?

最近街中で中国人観光客を見かけることが増えてきましたよね。以前までは東京や大阪などに限定されていましたが、今では地方の観光地にもたくさんの中国人が訪れています。なぜ中国人が日本に旅行するのか? そしてドラッグストアや百貨店で“爆買い”する背景には、一体どのような理由があるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 2015年の中国人観光客数は4年前倒しで目標達成が期待されている
  • 中国元(為替)の影響で、日本への観光と買い物がしやすくなった
  • 中国人から見た日本人は「礼儀正しい」イメージがある

なぜ中国人観光客が激増したのか?

日本に訪れる外国人観光客数は、2013年に初めて1,000万人を超え、2014年には1,341万人、2015年には1973万人、そして2016年にはついに約2,400万人と、目標の「2,000万人超え」を達成しました。

その中でも630万人と、圧倒的に訪日人数の多い国が「中国」です。

中国人観光客が日本に旅行する理由は、ショッピングのほかに「日本の文化に触れること」が挙げられます。日本から中国までは飛行機で3時間程度の距離にも関わらず、今までの経済情勢では中国人が日本旅行をすることは困難でした。

しかし、近年は中国元(為替)の価値が上がったことで、気軽に日本旅行ができるようになりました。

中国人観光客が行く観光スポットはここ!

中国人観光客が訪れる都道府県は、以下の通りです。

第1位:東京都
第2位:大阪府
第3位:京都府
出典:アクトゼロ(2014年)

そして、中国人観光客に人気がある東京都内の観光スポットは下記になります。

第1位:東京ディズニーランド
第2位:東京タワー
第3位:浅草寺
第4位:お台場
第5位:皇居
出典:アクトゼロ(2015年)

やはり東京と大阪がメインではありますが、京都も人気ですよね。「日本の文化に触れたい」と考える中国人観光客の心理が読み取れます。

なぜ中国人観光客は“爆買い”するのか?

中国人観光客がドラッグストアや百貨店で、数十万円〜数百万円の買い物をする“爆買い”が話題になり、2015年の流行語大賞にもなりました。

中国人が日本で大量の買い物をする背景には、為替レートが「元高・円安」になっていることが挙げられます。つまり中国元の価値が上がったことにより、日本に訪れた際に、以前よりもお得な買い物ができるようになったのです。

もちろん日本製品が高品質であることも爆買い要因の一つとなっています。中国本土で発売されている商品よりも安心して使える化粧品や高級ブランドも人気ですが、紙おむつやおしり拭きを、店舗在庫がなくなるほど爆買いしていく中国人もいるようです。百貨店では中国人スタッフを配置し、ドラッグストアでは中国人専用のレジを準備するなど、小売業界では中国人観光客への接客対応が課題になっています。

中国人から見た日本の魅力はここ!

中国人から見た日本は、とても礼儀正しく映るようです。

電車などの公共交通機関を利用するときに、「列に並ぶ」日本人を見て驚くことが多いのだとか。そもそも“列に並ぶ”という文化がない国から見れば、文句も言わずに整然と並んでいる日本人は、礼儀正しくもあり、奇妙でもあるのかもしれません。

中国人観光客が増えた背景には、経済や為替の影響があります。観光客数や消費の動向を知りたい人は、「国際情勢」で学ぶことができます。今後のグローバル社会では、国際情勢の知識が重宝される時代になってきますよ。


【出典】
・日本政府観光局(JNTO) 訪日外客数(年表)
http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

・http://toyokeizai.net/articles/-/126719

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際貿易学」
はこんな学問です

国際貿易の理論と実践について学ぶ学問。世界各国の経済史や国際金融などの知識、貿易システム論から消費者行動論、マーケティング論まで幅広い知識を習得する。国際貿易と一口に言っても大手商社などの取引だけでなく、個人がECサイトで海外のショップと直接取引するケースも増えている。最近ではTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)など規制の緩和も進み、取引が多様化するなかで、いかにしてビジネスチャンスをつかむかが研究課題となる。

「国際貿易学」について詳しく見る