歯を作る職人技 歯科技工士の仕事について

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

歯を作る職人技 歯科技工士の仕事について

2016.04.20

提供元:マイナビ進学編集部

歯を作る職人技 歯科技工士の仕事について

誰もが一度はお世話になったことのある歯医者さん。よく虫歯の治療や抜歯の際に入れ歯や差し歯を埋め込んだ経験をされた方も多いのではないでしょうか?
そんな歯の治療に欠かせないお仕事が歯科技工士です。入れ歯や差し歯の型を取り作成するだけでなく、歯の矯正装置などもつくるまさに歯の職人。
今回は歯科技工士の方にお仕事の内容ややりがいについて技工士歴4年目のHさん(仮名)にインタビューしてきました。

この記事をまとめると

  • 入れ歯や差し歯などをつくる歯科技工士のお仕事
  • 歯科技工士を目指したきっかけと仕事のやりがい
  • 職人の心、歯科技工士を目指す高校生へ向けたメッセージ

入れ歯から差し歯、歯の治療に欠かせない歯科技工士の仕事

――普段のお仕事の内容を教えてください。

H:普段の仕事は歯医者さんから依頼された型をもとに、入れ歯や差し歯、虫歯治療後の詰め物の制作を担当しています。他の仕事では歯の矯正をよくするための装置を製作したりもしています。


――入れ歯や差し歯、詰め物はどのように作成するのでしょうか?

H:まず最初に歯医者さんから依頼された型をもとに大まかな基盤を作ります。そこから手作業で削ったり、継ぎ足しを加えたりし、完成系まで仕上げる流れになります。話してしまうと簡単ですが、実際は1mmのずれも許されない精度が重要となる仕事になります。
特に歯というのは脳に直接刺激を与える箇所でもあり、ちょっとしたズレは患者さんに大きなストレスを与えることにもなりかねません。
口に含んだ水がしみて痛みを感じる程度ですから、歯の大きさが少しでも違ってしまえば、その痛みは大きな負担になってしまいます。

作品が完成したときの充実感は特別、歯科技工士のやりがい

――お仕事を目指したきっかけを教えてください。

H:この仕事に興味を持ったのは高校生のころでした。
自分はどちらかというと、あまり人目に立つのが得意なほうではなく、どちらかといえば控えめな性格でした。なので将来の仕事は漠然とサービス業や営業のような人と関わる仕事でない方向で考えていました。
小さいことから何かものを作ることが好きで、細かい作業が得意だったこともあり、技工士という職業を知り、自然と興味を持つようになったのがきっかけです。


――歯科技工士になるためにはどのような資格が必要なのでしょう?

H:歯科技工士は国家資格です。そのためには専門の学校で授業を受ける必要があります。そこで基礎的な技術や知識を学び、資格を取得することになります。


――仕事のやりがいを教えてください。

H:一番は何といっても自分が仕上げた歯の型が患者さんに届いて、喜んでもらえたときですね。実際、自分たちは患者さんと直接、接する機会はないのですが担当の医師の方に治療経過の報告ももらえるので、そこで完治の報告を聞くとやりがいを感じます。
また、難しい歯の型を仕上げたときも含め、自分たち技工士にとっては一つの作品なので完成したときは充実感を感じることができます。もちろんそれだけ精度が重要とされるわけですから、何度も修正ややり直しを命じられることもあります。
実際に歯の完成を待つ患者さんもいるので、限られた時間でどれだけ精度を高めて完璧に仕上げるかの戦いになります。

職人気質向け、歯科技工士になりたい高校生ヘ向けたメッセージ

――歯科技工士に向いている人はどのような人でしょう?

H:間違いなくいえるのは集中力のある人ですね。精度が求められる仕事なので、集中力が深い人ほど向いていると思います。制作する技術に関しては学校の授業などを通して練習する機会も多くありますので、手先に自信がない人でも大丈夫です。

――歯科技工士になりたい高校生に向けてメッセージをお願いします。

H:技工士という言葉の通り、ミスの許されない精度が重要視される仕事です。
特に歯というのは人の生活において非常に重要な役割を担う箇所でもあり、求められる箇所をしっかりしたものに作成する責任があります。
自分の仕事に誇りをもって、一つの仕事に集中することが得意な方は向いていると思います。仕事はとてもやりがいがあるので、興味のある方はぜひ目指してみてください!


歯の治療というと、みなさん苦い記憶があるかと思います。
しかし、歯というのは日頃の生活に欠かすことのできない重要な役割を担っています。
虫歯や歯の治療を陰から支える歯科技工士の仕事は正確な技術と高い集中力が必要です。何か細かい作業や集中力に自信のある方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯科技工士」
はこんな仕事です

歯科技工士とは、歯科医師の指示書や患者の歯型をもとに義歯などをつくる仕事。それらの加工や修理などメンテナンス作業も担当する。入れ歯や差し歯は、人の体の一部となる大切な器官。歯型だけでなくかみ癖までも考慮し、患者一人ひとりに合わせた正確な義歯をつくるための精巧な技術が求められる。主な活躍の場は、歯科医院や大学病院をはじめ、歯科材料メーカーや歯科研究所などに及ぶ。歯科医師との連携により仕事を進めるが、キャリアを積むことで独立も可能である。

「歯科技工士」について詳しく見る