胸のロゴだけで約90億円超!? なんでサッカーチームのユニフォームには企業の名前がついてるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

胸のロゴだけで約90億円超!? なんでサッカーチームのユニフォームには企業の名前がついてるの?

2016.04.18

提供元:マイナビ進学編集部

胸のロゴだけで約90億円超!? なんでサッカーチームのユニフォームには企業の名前がついてるの?

サッカーの試合を見ていて、チームのユニフォームに企業のロゴがついているのを見たことがあるかもしれません。目立つ場所にある企業のロゴは、どんな意味があるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • サッカーのユニフォームの胸の部分にある企業のロゴは“スポンサー”によるもの
  • 海外の有名チームの場合、胸のロゴに年間で約90億円以上かかることも
  • 企業には広告効果、チームには資金援助と、双方にメリットがある仕組み

ユニフォームについたスポンサーロゴは何を意味するの?

サッカーの試合を観戦をしていると、選手のユニフォームに付いた派手なロゴに目を奪われてしまった経験はありませんか? よく見ると、企業のロゴやキャラクターであることが多いのですが、一体これは何のためについているのでしょうか。

サッカーのユニフォームにおいて、選手の背番号やチーム名以外の企業ロゴは、チームに出資を行うスポンサー名や、その商品名であることがほとんどです。プリントされる場所は、胸以外にも、背中や袖、パンツの裾などさまざま。
特に一番目立つ胸に付けられるロゴを「胸ロゴ」といい、この場所にロゴを付けられるスポンサーは高額の出資を行うメインスポンサーにあたります。

メインスポンサーになるには、2つの方法があります。一つ目は、チームの母体企業がなるケース。もう一つは、そのチームの人気や知名度に広告価値を見出し、母体とは異なる企業が手を挙げるケースです。

メインスポンサーになり、ユニフォームの目立つ位置に企業ロゴがつくことになれば、試合が行われる競技場だけでなく、テレビ中継やニュースなどで試合の様子が放映されることなり、多くの人々の目に留まることになるので、企業にとっての大きな宣伝効果が期待できるというわけです。資金を出して、チームをよりよい環境でプレイできるようにサポートする一方で、スポンサー企業にとってもメリットがあるんですね。

プレミアリーグの「胸ロゴ」は一体いくらかかるの?

世界的に人気の高いイギリスのサッカー、プレミアムリーグでは、「胸ロゴ」をつけるには、一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか? 2015年〜16年シーズンの1年間の金額で、ランキング上位のチームを見ていきましょう。

3位は、「アーセナル」。エミレーツ航空という、ドバイを本拠地とする航空会社と契約しています。金額は3,000万ポンド。日本円にして、およそ54億円です。

2位は、今季から日本の横浜ゴムと契約が決まった「チェルシー」。金額は4,000万ポンド。日本円にして、およそ72億円です。

1位は、かつて日本代表・香川選手も在籍していた、「マンチェスター・ユナイテッド。世界的に有名な自動車ブランドのシボレーが、5,300万ポンド、日本円にして、およそ96億円で広告を出しています。

クラブの規模や影響力が大きければ大きいほど金額も跳ね上がることが分かりますね。

サッカーだけでなく、ほかのスポーツでも見られる企業ロゴ

チームスポンサーは、プロサッカー以外のスポーツにも見られます。最近では、コンビニのローソンでおなじみ、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する“株式会社ロイヤリティマーケティング”が、日本のプロ野球チーム、オリックス・バファローズと、2016年度シーズンのキャップスポンサー契約を結んだことが話題になりました。そのため、チームのキャップには同社のかわいいキャラクター「Ponta(ポンタ)」のロゴが付いています。


このようにスポンサーとの契約など、スポーツのチームのために、選手たちがプレイしやすいように働きをかけるのが、スポーツのチームや組織で働く人たちです。スポーツ観戦が好きで、チームや組織などの運営に興味がある人は、これらチームとスポンサーの関係を知っておくことで、スポーツ観戦をいつもと違った視点で楽しむことができるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツのチームや組織で働く人」
はこんな仕事です

野球やサッカーなど、スポーツ選手が所属するクラブチームの運営に携わる仕事。広報活動やスポンサーの開拓、選手の契約の管理、経理など、業務内容は幅広い。新たな有力選手の入団交渉や、所属選手に対する処遇の変更など、チームの人事面もサポート。また、サポーターやファンの来場数を増やすために、集客方法を考案することもある。クラブチームを運営する企業に就職するケースが一般的。必要な資格はないが、スポーツが好きで、チームや選手に愛着を持って業務と向き合える人に向いている。

「スポーツのチームや組織で働く人」について詳しく見る