ニンニク食後や寝起き……。口臭が気になっちゃうのは、それぞれ原因が違っていた!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ニンニク食後や寝起き……。口臭が気になっちゃうのは、それぞれ原因が違っていた!?

2016.04.07

提供元:マイナビ進学編集部

ニンニク食後や寝起き……。口臭が気になっちゃうのは、それぞれ原因が違っていた!?

ニンニク料理を食べた後や寝起き後など、口臭が気になるタイミングがあると思います。実はこれらの口臭は、それぞれ原因が違うのだとか。一体どういうことなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 口臭は、自分が思っているよりも相手に伝わっていることがある
  • ニンニクを食べた後にニオイが気になるのは、アリシンという成分が血液を循環して、体や口からニオイを発しているから
  • コーヒーを飲んだ後や寝起きは、口内が酸化して口臭が起こりやすくなっている

気になる口臭……なぜ口からニオイがするの?

餃子やラーメンなど、特に男子に人気のあるニンニクを使った料理。おいしい料理がたくさんありますが、食べた後は、口臭が気になることがありますよね。ニンニクを使ったほうが香りもよくなり、料理もおいしくなることがありますが、ニンニクのニオイは口の中にかなりしつこく残りますから、本当は食べたいのに、人に会うときはなるべく食べないようにしている人もいるかもしれません。

また、ニンニクを食べたとき以外に、コーヒーを飲んだときや朝起きたときなどにも口臭を感じることはありませんか? 口臭は、自分が「ちょっと臭うかも?」と思う程度でも、一緒にいる相手にはそれ以上に臭ってしまうこともありますから、自分で気づいたときには注意したいところ。

ニンニクは口からじゃなく、体から臭ってる!?

ニンニクとコーヒー、寝起きのタイミングなど、口臭の元になっていそうなものは、だいたい検討がつきますが、実はこの2種類は全てニオイの原因となっているものが違うということをご存じですか?

例えばニンニクは、ニンニクに含まれているアリシンという成分が原因です。アリシンは胃の中で消化されますが、消化された後、血液にのって全身を循環し、皮膚や口から放出されます。つまり、口の中や胃にニオイ成分が残っていてそれが口臭になっているわけではなく、消化されたものが全身をめぐっているので、ブレスケアだけをしていてもなかなかニオイは防げないのです。ニンニクのニオイを予防するためには、ニンニクを食べた後に緑茶・紅茶・コーヒー・牛乳など脱臭効果がある飲料を飲む、またはリンゴや梨を食べることなどが役立つといわれています。

コーヒーを飲んだ後と寝起きに口臭がするのはなぜ?

コーヒーを飲んだ後に口臭が気になるのは、コーヒーの微粒子が舌の表面に舌乳頭に付着しやすいから。さらにコーヒーを飲むと唾液の分泌量が減って口の中が酸化した状態になるため、口臭が起こりやすくなるのです。コーヒーを飲んだあとにすぐ水を飲んでコーヒーの微粒子が舌に付着したままにしないようにすると、口臭を防ぐことができます。

寝起きの口臭も、寝ている間に唾液の分泌量が減ることで口内の細菌の数が増えるのが原因。食べかすが残っていたりすると、口臭はよりひどくなってしまいます。寝起きの口臭を予防するためには、寝る前の歯磨きを丁寧にすることが重要です。フロスを使ったり、舌ブラシを使って汚れをきちんと落としてから寝るようにしましょう。

口臭を予防するのはもちろん、虫歯予防のためにも歯磨きはとても大切。歯科衛生士は、口内環境をよくして病気を予防するために、歯磨き指導を行っています。「口臭が気になるけど原因が分からない」、「誰にも相談できない」という患者さんのためにも、歯科衛生士は口臭予防や虫歯予防について勉強しているんですよ。

参考:
ダイヤモンド・オンライン|朝食抜き、早食いの人は要注意!「口臭」がしなくなる食事、簡単に消せる裏ワザ
http://diamond.jp/articles/-/40182
口臭ソルジャー|にんにくの翌日の口臭をしっかり消す5つの口臭対策!
http://good-breath.com/food/garlic/
オトコクラス|コーヒーは口臭の原因に。一緒に水やお茶を飲みましょう!
http://otoko-class.com/archives/2475
きらら歯科|口臭について
http://kirarashika.com/archives/7424
歯医者が教える歯のブログ|意外と知らない?口臭の本当の原因と適切な対処法
http://hanoblog.com/causing-halitosis-2658

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯学」
はこんな学問です

口の中の健康状態を改善し、病気の予防と治療を行うための研究をする学問である。学問分野としては、「基礎歯科学」と「臨床歯科学」に分かれる。「基礎歯科学」は、口腔の構造と生体の組織や微生物との関係などを研究する基礎分野である。「臨床歯科学」は、「基礎歯科学」の成果に基づいて実際に診断・治療するための方法や医薬品・設備・治療に用いる素材などを研究対象とする分野である。

「歯学」について詳しく見る