ブラシの使い方や時間は? 歯を磨くときに気をつけておきたいことって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ブラシの使い方や時間は? 歯を磨くときに気をつけておきたいことって?

2016.04.07

提供元:マイナビ進学編集部

ブラシの使い方や時間は? 歯を磨くときに気をつけておきたいことって?

毎日歯を磨く中で、うまく磨けている実感はありますか? 歯の磨くときに気をつけておきたいポイントをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 歯磨きがきちんとできていないと、虫歯や歯周病になる恐れがある
  • 歯周病になると、歯の周りの歯茎や骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまう
  • 年をとっても自分の歯でご飯を食べられるようにするためには、正しい歯磨きをすることが大切

歯磨きは、虫歯や歯周病を予防するために欠かせない!

歯磨きといえば、毎日の欠かせない習慣ですよね。朝起きた後や食事をした後など、口の中にある雑菌と歯垢(しせき)を取り除くために歯磨きは欠かせません。できれば1日3回、食事の後に歯磨きできたら清潔を保てそうですよね。

きちんと歯磨きをしていないと、虫歯になってしまったり、歯周病になってしまうおそれもあります。テレビを見ながら、ぼーっとしながら、なんとなく歯を磨いていると、きちんと汚れが落ちていない可能性がありますから、せめて夜だけでも、鏡を見ながら時間をかけて歯磨きしたいですね。

そもそも歯周病ってどんな病気?

ところで、歯ブラシや歯磨き粉のCMでもよく聞く「歯周病」とは、一体どういう病気なのかご存じですか? 歯周病とは、簡単にいうと歯を支えている歯肉や歯の周りの骨が炎症を起こして溶けていってしまう病気です。

私たちの口の中にはたくさんの細菌がいます。特に寝起きは細菌が多く、実は肛門にいる細菌よりも多いといわれるほどです。歯磨きがきちんとできていないと、その細菌を含んだ歯垢(プラーク)や、唾液の力で硬くなってしまった歯石が歯の周りにこびりつきやすくなります。歯垢のうちに歯ブラシで落とすことができればいいのですが、落としきれずに歯石になってしまうと歯医者さんでお手入れをしてもらわなければならなくなります。

そして、歯垢や歯石が歯と歯肉の間のポケットに入って炎症を起こしてしまうと、骨や歯を守っているセメント質、歯の根元の膜などが破壊されてしまい、支えきれなくなった歯がぐらついて最終的には抜け落ちてしまうという恐ろしい病気が歯周病なんです。

丁寧に歯磨きを行う方法って?

そんな恐ろしい歯周病にならないためには、丁寧に歯磨きをするしかありません。歯磨きの基本は、歯ブラシを歯に直角に当てて磨くスクラビング法です。歯ブラシは弱く当てて細かく動かし、歯の裏はブラシのかかとを使ったり、奥歯や歯並びが悪いところは歯ブラシを斜めにいれたりして磨くと、歯ブラシが届きにくいところの汚れも落としやすくなります。また、歯と歯茎の間のポケットにも汚れはたまっていますから、デンタルフロス(歯間ブラシ)を使うのも一つの手です。

正しい歯磨きのやり方は、歯医者さんに行くと歯科衛生士が丁寧に教えてくれます。歯科衛生士は、歯科医のサポートをするのも仕事ですが、患者さんに正しい歯磨きのやり方を教えて虫歯や歯周病を予防するのも大切な仕事。できるだけ多くの人が、年をとっても入れ歯ではなく自分の歯でご飯を食べられるようにするために歯磨き指導をしているんですね。

参考:
マイナビニュース|歯科医が教える。虫歯予防の効果が高い歯磨きタイムとは?
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/01/post_1407.html
日経電子版|正しい歯磨きの効果は 10日間続けてみると…
http://style.nikkei.com/article/DGXDZO35215490Q1A930C1W08101
EPARK歯科|歯周病治療時はなぜ歯を丁寧に磨かないといけないのか? - よい歯コラム
http://haisha-yoyaku.jp/docs/column/shishubyo/141212_009.html
一般社団法人 吹田市歯科医師会|歯の磨き方
http://www.ha-suita.com/qanda/qa_5.html
歯医者が教える歯のブログ|虫歯ができる7つの原因と自分にあった予防法
http://hanoblog.com/a-bad-tooth-cause-5375

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯科衛生士」
はこんな仕事です

歯科衛生士は、歯の病気予防や歯科医師の診療補助を行う仕事。生涯健康で丈夫な歯を維持するためには、虫歯や歯周病の予防は不可欠。歯科衛生士は、それらの予防処置として、歯垢や歯石の除去などを行う。子どものうちから正しい歯の磨き方など、セルフケアの指導を行うことも重要な役割だ。診療補助の仕事では、歯科医師の指示を受け、器具の準備や受け渡し、管理などを担当する。出産後の再就職もしやすいため、女性が多い職種でもある。勤務先は歯科医院、保健所、老人保健施設などが挙げられる。

「歯科衛生士」について詳しく見る