アメリカでは、最高の映画だけでなく、「最低な映画」にも賞が与えられるってホント?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

アメリカでは、最高の映画だけでなく、「最低な映画」にも賞が与えられるってホント?

2016.04.07

提供元:マイナビ進学編集部

アメリカでは、最高の映画だけでなく、「最低な映画」にも賞が与えられるってホント?

アメリカには、その年の映画を表彰する「アカデミー賞」の前日に、最低映画を表彰する式典が開催されているのだとか。一体どんな式典で、どんな作品が選ばれているのでしょうか?

この記事をまとめると

  • アメリカの映画界には、最低映画に賞を贈る「ゴールデンラズベリー賞」がある
  • 授賞式に登場してスピーチを行い、称賛を受けた女優もいる
  • 無名作品がゴールデンラズベリー賞をきっかけに知られる場合もある

最低映画の祭典「ゴールデンラズベリー賞」とは!?

2016年2月、アメリカで「第88回アカデミー賞」の発表があり、レオナルド・ディカプリオが自身5回目のノミネートで、初めて主演男優賞を受賞しました。『タイタニック』をはじめとする大ヒット作や話題作に数多く出演している「レオ様」の念願の受賞は、世界中の映画ファンを歓喜させて大きなニュースになりました。

「アカデミー賞」はアメリカで開催され、1年間に上映された作品の中から最高の映画を決め、さまざまな賞が贈られる最も権威ある映画賞です。俳優や監督など、映画人ならば一生に一度は授賞式の舞台に立ちたい晴れ舞台でもあります。そんなアカデミー賞の授賞式が開催される前日に行われるのが、アカデミー賞とは反対に1年間の「最低映画」を決定するのが「ゴールデンラズベリー賞」、通称「ラジー賞」という式典です。

ラジー賞の正式名称は、日本語で「野次」を意味する「Razz」(ラジー)からとられている「Razzie Award」ですが、「Razz」は「Raspberry」(ラズベリー)も意味しており、ラズベリーの実をモチーフした金色に塗装されたトロフィーのデザインから「ゴールデンラズベリー賞」とも呼ばれているのです。最高の映画を称賛するのは分かりますが、あえて最低だと思う作品に賞を贈る式典を開催するなんて、ちょっと日本では考えられませんよね。

1980年から行われている「ラジー賞」の歴史

では、ラジー賞の歴史を振り返ってみましょう。1980年に第1回授賞式が開催されており、「ゴールデンラズベリー賞財団」の会員による投票で賞が決められています。主要部門はアカデミー賞と同じく「作品賞」にはじまり、「監督賞」や「脚本賞」などがありますが、アカデミー賞と違うのはその全てに「最低」の冠が付くところです。

当初はB級映画に贈られる賞として行われており、本当につまらない作品に贈られることが多かったのですが、近年は実力も実績もある俳優がどうしようもない役柄を演じてしまったときや、前評判に比べると期待外れだった作品、一般受けしないであろう異色作などにも贈られており、誰も見向きもしないようなつまらない映画が選ばれるとは限らず、ラジー賞を獲得することで逆に注目される場合もあります。

授賞式に登場してスピーチを行い、称賛を受けた女優もいる

ラジー賞の式典では、基本的には授賞式に出席してトロフィーを受け取る人はほとんどいません。ただし、中には度量の大きい(?)俳優が登壇することもあります。その中でも、大物女優ながら授賞式に現れて名を上げたのが、2004年に『キャットウーマン』で最低主演女優賞を受賞したハル・ベリーです。

本家アカデミー賞で2001年に『チョコレート』で主演女優賞を受賞しているハル・ベリーは、ラジー賞の授賞式に登場すると、右手にラジー像、左手にアカデミー賞で獲得したオスカー像を持ち、自身がアカデミー賞授賞式で行ったスピーチをセルフ・パロディしたスピーチをウソ泣きを交えて行い、集まった観客から大喝采を受けました。こういうパフォーマンスはまさに人気女優ならではの余裕を感じますよね。きっとファンも増えたのではないでしょうか。

また、『スピード』や『ゼロ・グラビティ』などの大作に主演していることで知られる女優・サンドラ・ブロックは、2010年に『ウルトラ I LOVE YOU!』で最低女優賞となり、ほとんどの受賞者が欠席する中で出席し、受賞作のDVDを大量に荷台に乗せて登場。「あなたたち、本当はこの作品観てないでしょう?」とスピーチを行ったことで観客を爆笑させました。ところが翌日に行われたアカデミー賞では、『しあわせの隠れ場所』で見事に主演女優賞に輝き、史上初の同じ年にアカデミー賞とラジー賞を同時に受賞した女優となりました。それだけいろいろなタイプの作品で幅広い役柄を演じているということですから、すごいことです。

無名作品がラジー賞で知られる場合もある

このほか、一度ラジー賞を受賞した後でカムバックを果たした人物に「ラジー名誉挽回賞(ラジーの救い手賞)」が贈られたり、作中で女装した役を演じた男性コメディアンのアダム・サンドラーに「最低女優賞」が贈られるなど、ラジー賞には映画ファンを楽しませる遊び心が満載です。決して映画を貶める目的で開催されているのではなく、「映画愛をこじらせたイベント」だと思って見たほうが良いかもしれません。

『ショーガール』で10部門にノミネート、7部門で受賞という不名誉な快挙を成し遂げてしまったポール・バーホーベン監督など、有名監督でも酷評されることもあり、ラジー賞を受賞することは、映画監督にとっては悔しい思いもあるかもしれません。ただし、その一方で知らなかった作品をラジー賞を受賞することで知る人がいるのも事実です。映画監督を将来の仕事にしたいと思っている人は、どんな映画でも「どこがそんなに最低だと思われたのか?」ということに着目して、ラジー賞受賞作を観てみることで、映画づくりで役立つヒントを見つけることができるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
広告・出版・マスコミ」を解説

情報を収集・編集し、おもにマスメディアを通じて発信する業界です。放送や新聞は情報を伝達する仕組みの管理・運営も行います。権力を監視したり、社会の不正を明らかにしたりするジャーナリズムとしての機能を担ったり、エンターテインメントを広く提供したりするなど、メディアにより役割はさまざま。一般の人が触れられない情報に接し、社会への影響力も大きいため、高い倫理観が求められます。

「広告・出版・マスコミ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「芸能・エンタテインメント」
はこんな業界です

テレビ・映画・演劇・音楽業界などで多種多様なパフォーマンスを提供し、娯楽を与える芸能・エンタテインメント。一般的にはメディアなど、表舞台で活躍する人たちを総称し、芸能人と呼ばれることが多いが、その裏方でそれらの人たちを支える大勢のスタッフも芸能・エンタテインメント業界の一員だ。また、コンピュータグラフィックス(CG)で描かれ、ネット上で活動するバーチャルアイドルなど、エンタテインメントは人とデジタルとの競合も見逃せない。

「芸能・エンタテインメント」について詳しく見る