片づけること=“Kondo”さん!? 今、日本人の片づけテクが海外で大人気らしい?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

片づけること=“Kondo”さん!? 今、日本人の片づけテクが海外で大人気らしい?

2016.04.06

提供元:マイナビ進学編集部

片づけること=“Kondo”さん!? 今、日本人の片づけテクが海外で大人気らしい?

ここ数年、書店で見かけることが多い、人気の“片づけ本”。最近、この片づけ本が海外にも広まっているのだとか。この気になる現象についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 日本の片付け本『人生がときめく片づけの魔法』がアメリカでベストセラーになった
  • 著者の近藤さんをモチーフに、海外では、近藤流の片付けを「Kondoする」ということも
  • 日本文化の受け入れられ方など、社会現象や仕組みを研究するのが「社会学」

今話題の、日本の“片付け術”って知ってる?

「あなた、部屋の片づけはしたの!?」

きっと多くの人が聞き覚えのあるフレーズだと思いますが、実際に、お母さんやお父さんに言われることもきっと多いのではないでしょうか。普段から片付けができているのが理想だと思いますが、部活に勉強に遊びにと、毎日の生活が忙しいと、なかなか片付けがままならないこともあるかもしれません。

本屋さんに行けば、さまざまな片付けの本があります。少し前に流行語にもなった「断捨利」もそうですし、物を持たずに最小限の生活用品で暮らしをする「ミニマリスト」として芸能人も何人か取り上げられました。

今、話題になっているのは、“片づけコンサルタント”である近藤真理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』です。きっとみなさんも、本屋さんでこの本が並んでいる光景を見たことがあるのではないでしょうか。この本はテレビやラジオ、新聞、雑誌などに取り上げられ、近藤真理恵さんの存在とともに、一躍有名になりました。

実はこの本、2014年に発売されてから、60週に渡ってアメリカのベストセラーリストに入っていました。日本の本が海外でヒットしていることだけで驚きですが、さらには2016年1月に米紙「USAトゥデイ」の週間書籍販売ランキングで1位を取ったことでより一層大きな注目を集めました。

「お礼を言う=日本らしい」? Kondoブームが起きた理由

なぜここまでアメリカで支持を受けたのか。その秘密は、近藤さんが提唱する片付け方にあります。

「ときめいたものを残して、あとは捨てる。捨てるものへは感謝を忘れずに」
この考え方が非常に日本らしいとされ、高く評価されました。アメリカでは、近藤さん流の片付けのことを「Kondo」と呼ぶほどの人気です。
Twitterでは、「これから部屋をKondoする」「今からアパートをKonMariする」とツイートされることもあるなど、近藤さんの名前は「近藤流の片づけをする」という意味合いの動詞として使われています。その影響は大きく、2015年には村上春樹氏とともに米紙「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたほどです。

「片付けられない」という悩みは、実は万国共通?

近藤さん流の片付けがここまで支持されるのは、「部屋に物が溢れる、片付けなくてはならない」という悩みが、世界共通ということを示すものなのかもしれませんね。私たちはついつい片付けを面倒に思ってしまうことがありますが、海外の人々も同じ気持ちでいたり、誰かに叱られていたりすることを想像すると、何だかちょっと面白いですね。

とはいえ、近藤真理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』が海外で大ヒットを記録したのは大きな快挙であることは間違いありません。日本人が書いた本が海外の文化に根づいていくということは、簡単にできることではありませんし、一体どういった流れで波及していったのか、どのように社会現象とまでなっていったのか、考えていく価値は大いにあるといえます。

こうした現代の文化の成り立ちや広がりなど、社会現象や仕組みを解析するのは「社会学」という学問です。国内外を問わず、社会の中で起こる事柄に法則性を見出すことで、社会の成り立ちなどを知ろうとするのが目的です。今回の片付けテクの広がりのように、身近な現象に興味が湧いた人は、気になった事柄を社会学的にひもといてみると新たな発見が生まれるかもしれません。

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「社会学」
はこんな学問です

社会のなかでの個人の行為、集団の持つ特性、他者とのコミュニケーションなどに一定の法則性を見出して、社会の仕組みや働きを解明する学問である。研究対象は広く、社会学的な視点で研究できるものであれば何でも対象とすることができる。たとえば、家族社会学、芸術社会学、法社会学、都市社会学、宗教社会学、教育社会学、スポーツ社会学など、テーマの自由度は高い。その一方、社会全体を意味付けるグランドセオリー(一般理論)を志す学者もいる。

「社会学」について詳しく見る