リオ五輪では112年ぶりに復活! 大人に人気のゴルフって、どんな競技なの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

リオ五輪では112年ぶりに復活! 大人に人気のゴルフって、どんな競技なの?

2016.04.14

提供元:マイナビ進学編集部

リオ五輪では112年ぶりに復活! 大人に人気のゴルフって、どんな競技なの?

みなさんは“ゴルフ”というと、どんなイメージがありますか? 今年のリオデジャネイロ五輪では112年ぶりに復活するものの、最近日本では、“若者のゴルフ離れ”といわれるほどに、若い世代がゴルフに触れる機会が減っているといいます。テレビで中継番組を見たことがあっても、細かいルールまで知らない……という人は多いのではないでしょうか。

そこで、競技としてのゴルフやゴルフを見るときの楽しみ方について、日本のゴルフ界を代表する団体である公益財団法人日本ゴルフ協会の方に詳しくお話を聞いてみました!

この記事をまとめると

  • ゴルフは、クラブで打ったボールを少ない打数でカップに入れて勝負する
  • 老若男女、誰もが楽しめるスポーツというのが最大の魅力
  • 観戦の際は、プロならではの技術に注目してみよう

ゴルフの基本的なルールって?

「簡単にいうと、クラブでボールを打って、ホール(カップ)と呼ばれる穴にボールを入れる回数を競うものです。ホールに入れる回数が少ないほうがよいのですが、『パー』という規定打数があります。『パー3』のコースならば3打より少ない打数でカップに入れるのが理想です。規定打数より1打少なく入れられた場合は『バーディ』といい、2打少ない場合は『イーグル』となります。『パー3』のコースの場合は2打少ないということは1打でカップに入れることになるので、『ホールインワン』となりますね」

「ゴルフのラウンドには、18のコース(ホール)があり、前半のコースを『イン』、後半のコースを『アウト』といいます。プレーの際には、クラブは14本という規定があるのですが、14本以内なら少ない数でも大丈夫です。また、基本的に審判がいないので(大きな大会では競技委員がつきます)、ボールが動いたときやボールがなくなったときなど自分でルールを守ってプレーするのが特徴です」


ゴルフは、基本的にはクラブで打ったボールをカップに入れる数が少ないほうが勝ちという、シンプルなルールとなっています。審判がいないスポーツというのもほかのスポーツと違うところで、プレーヤーがルールを守り紳士的にプレーをすることになります。初心者の人にとっては、専門用語が出てきて分かりにくいこともあるかもしれませんが、基本さえ押さえればゴルフを楽しんで見れるようになりますよ。

ゴルフの魅力ってどういうものなのでしょうか?

「ゴルフの最大の魅力は、老若男女、性別も関係なく楽しめるスポーツだということです。プレーするときも、プレーヤーの年齢や技術によって『ティーグラウンド』というコースの出発地点を変えることができるので、遊び方に幅があります。また、きれいに整備された芝生が18ホールあり、林や池など自然の中を1日歩き回るというのも魅力です」


ゴルフはさまざまな人が楽しめるスポーツなんですね! また、自然の中を歩き回りながらできるのも、ほかのスポーツにはない利点ですね。


「ゴルフは、社会人においては社交の場として、上司や取引先との接待に使われることもあります。これは、ゴルフが幅広い年代の人とも楽しめるスポーツだからです。また、一緒にプレーするなかで、挨拶やマナーを守必要があります。ゴルフは通常は4人1組でプレーするのですが、ほかのチームも同じグラウンドでプレーしています。そのため、ほかのプレーヤーに迷惑がかからないように速度などを調整しながらプレーします。審判がいないので自分でルールを守らなくてはなりませんし、挨拶やマナーを守ることによって、社会人として学ぶことがたくさんあるスポーツです」


サラリーマンでゴルフをする人はたくさんいますが、社交の場としての役割も大きいのですね。プレーをするときに他のチームに気を使ったり、挨拶をしっかりするなど、紳士のスポーツと呼ばれる理由があるのですね。


「初心者は、まずボールに当てるのが難しく感じると思います。そこで、ゴルフ場にある練習施設やゴルフ練習場(打ちっぱなし)で練習することになるのですが、技術を磨いていく楽しみがあります。プロのインストラクターに習う方もたくさんいます。ずっと続けられるスポーツなので、長い期間をかけて技術を習得する楽しみもあります」


未経験者にとっては、ボールをまっすぐ飛ばすだけでも難しいとは意外でした。なかなかすぐには上達しないからこそ、もっと上達したいとゴルフにはまっていく人も多いそうです。

テレビでゴルフを見るときはどこに注目すればいい?

「テレビで観戦するときは、小さなボールを300ヤードほど飛ばすことができるプロの技術にまずは注目してみてはいかがでしょうか? また、女子ゴルフなどはゴルフウェアなどのファッションも楽しめます。ゴルフをする人ならば、プロの選手がどういったクラブを使っているのか、どういった打ち方をするなども楽しめます。プロ選手が使うクラブなどは雑誌などで紹介されているので、知識としてそういったものを知るのも楽しめます」


プロ選手ならではの技術に注目ということですね! また、世界トーナメントなどでは話題の選手が登場することも多いので、お気に入りの選手を見つけて応援するのもいいでしょう。


「ゴルフは見るよりも自分でプレーするのが楽しいスポーツです。身体的な能力もありますが、練習を続けることで1年前よりも上達していきます。そのように技術を磨く楽しさ、いろいろな人とプレーできる喜びなどを感じてもらえたらと思います」


何といっても、ゴルフはプレーするのがおすすめだそうです! ゴルフに興味が湧いた人は、もしお父さんがゴルフをやっているならば、練習場に連れて行ってもらうとよい体験になりそうです。また、テレビでも試合の様子が多く中継されているので、プロの試合運びをじっくり楽しむのもよさそうです。

ゴルフを楽しむ環境づくりなど、スポーツによる心身への影響や社会との関わりについて研究する学問を「スポーツ学」といいます。スポーツが好きな人は、学びがいのある学問といえそうです。


【取材協力】公益財団法人日本ゴルフ協会

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学などさまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る