どうして不倫は犯罪なの? 浮気と不倫の違いを徹底解説!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

どうして不倫は犯罪なの? 浮気と不倫の違いを徹底解説!

2016.03.22

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

どうして不倫は犯罪なの? 浮気と不倫の違いを徹底解説!

最近、ニュースでよく見かける有名人の不倫報道。不倫は確かに悪い行為ですが、果たして犯罪になったりするのでしょうか? そもそも浮気とはどう違うのでしょうか。今回はこの違いについて考えていきましょう。

この記事をまとめると

  • 不倫と浮気の違いは結婚してるか、してないか
  • 不倫は犯罪ではなく違法行為
  • 不倫によって起こり得る被害

不倫と浮気ってどこが違う?

不倫に関するニュースはよく目にしますが、浮気についてのニュースはほとんど見たことがありませんね。よく似た意味で使われるこの2つの単語ですが、正確には意味が異なります。
不倫とは配偶者以外の異性と恋愛をし、性行為を行うことを指します。一方の浮気は特定の恋人がいながら無断で他の異性との交際関係を持つことを指します。
一番の違いは結婚しているか結婚していないかが大きなポイントです。

出典元:浮気不倫.com:http://浮気不倫.com/blog/uwaki-shinri/4156/

「不倫」は何で犯罪ではなく不法行為になるのか?

犯罪の定義について簡単に触れておくと、ある行為に対して法律で刑罰を科すことが定めてある場合の行為が犯罪です。
刑法を違反すると刑罰対象になりますので、不倫には該当しません。しかし、民法上では違法行為になります。適用対象となるのは、民法709・710条が該当されます。

不倫は、「不貞行為」にあたり、浮気や不倫をされた側は、配偶者の権利を侵害されたことになり、民法第709条を法的根拠に「不法行為による損害賠償」を請求できます。民法第710条では、民法第709条において損害賠償するものについて、財産以外の損害に対しても、賠償を負うことを定めています。
また、浮気も「不貞行為」に該当するのでは? という指摘もありますが、浮気の定義があいまいなため、浮気の全てが該当するとは限りません。民法上では性交渉を伴わない男女間の密会は「不貞行為」に含まれないとされています。

※出典元:林行政書士事務所
http://www.taka-hayashi.jp/article/13991810.html

不倫によって起こり得る被害や当事者のその後

不倫による慰謝料の平均金額は約50万~300万円となっています。慰謝料は、相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金で、金額はその時の状況に応じて決まる場合が多くなります。
過去の判例などを参考にしてみると、
・不倫をした場合(離婚も別居もせず、夫婦関係を継続する場合):50万円~100万円
・不倫などが原因で別居に至った場合:100万円~200万円
・不倫などが原因で離婚に至った場合:200万円~300万円
金額にかなりのバラつきがありますが、不倫による精神的損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向にあるようです(あくまで目安)。

※参考:アディーレ法律相談事務所:http://www.adire-isharyou.jp/special/01/

不倫問題は、和解や裁判、慰謝料の請求の方法で一時的に解決することになります。
しかし、精神的に大きな傷が残ることが多く、お金や言葉では解消できないほどの問題を残します。
健全な生活を守るためにさまざまな法律が決められています。大切な人を守るためにも興味のある方は法律を学んでみてはいかがでしょう。

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「法学」
はこんな学問です

法学の研究領域は広い。憲法、民法、刑法に刑事・民事の両訴訟法と商法(大部分は会社法に移行)を合わせて六法と呼ぶが、これらは重要な法律のごく一部にすぎない。法学では、限りなく追加されていく法律を覚えるのではなく、それらの法律が生み出される原理と法律を活用して社会問題を解決するための思考法を学ぶ。また、法律は時代や社会制度とも密接に関係しており、社会問題についての最新情報も常にアップデートしておく必要がある。

「法学」について詳しく見る