「カワイイ」だって、テクノロジーでつくる時代?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「カワイイ」だって、テクノロジーでつくる時代?

2015.09.01

提供元:マイナビ進学編集部

「カワイイ」だって、テクノロジーでつくる時代?

この記事をまとめると

  • 女の子の「かわいくなりたい」という夢をかなえるために、さまざまな技術が生まれている
  • “カワイイ”は世界に影響を与えている
  • 誰もが“カワイイ”に近づける、未来のアイテムが生まれるかも

日本の“カワイイ”が世界に影響を与えている!?

女の子の思い出づくりに欠かせないツールと言えば、プリクラ。みなさんの中にも、友だちと遊んだときやイベントごとの打ち上げなどの記念に撮るという人は多いと思います。

最近のプリクラは、その撮影技術の進化によって、目を大きく見せたり、スタイルを良く見せたりすることができるので、女の子は自分の“カワイイ”姿を生み出しやすくなったと言えます。プリクラのような娯楽以外でも、アイプチやつけまつ毛、涙袋テープといった化粧品を使えば、憧れの芸能人などの顔の特徴を捉えたメイクによって、自分が望む“カワイイ”に近づくことができるかもしれません。日本では、“カワイイ”自分を演出するために、さまざまなアイテムが開発されています。

このように“カワイイ”にとても敏感な日本人は今、世界から注目を浴びています。たとえば、ファッション誌などで見かける、青やピンク、黄色などのポップで鮮烈な色使いや、リボンやレースが目立つ洋服や制服を着こなす女の子たち。彼女たちのファッションは「KAWAII(カワイイ)」と呼ばれ、今では海外のポップスターが自身のファッションに取り入れることもあるほど、世界に影響を与えているのです。

“美”とテクノロジーの関係が、“カワイイ”を発展させる?

「KAWAII」の世界的な広がりもあり、理想とする“カワイイ”姿をめざす女の子をサポートする商品やサービスの開発が盛んになる中で、若い女性たちの“美”とテクノロジーの関係について研究する動きがあるようです。

その研究とは、東京大学大学院・情報理工学系研究科の特任研究員・久保友香さんが始めたもの。美しくなりたい女性の願いをかなえるテクノロジーを「シンデレラ・テクノロジー」と呼び、女性が元の姿を加工して、理想的な自我をつくり、新しいメディアで公開する技術について研究が進められています。つまり、女の子たちの「かわいくなりたい!」という欲求をかなえるためのテクノロジーを研究するということです。

シンデレラ・テクノロジーの研究では、自分の写真を自分でかわいく撮るための機器や化粧品の開発などが研究対象になるようですが、女の子たちの“カワイイ”への探究心が増していけば、“美”とテクノロジーにまつわる研究は今後さらに活発になることでしょう。

誰もが“カワイイ”に近づける、未来のアイテムが生まれる? 

私たちが子どもの頃に憧れたシンデレラは、魔法によって自身が美しくなる夢をかなえましたが、現代では、機器や化粧品などのさまざまな技術を使って、誰もが“カワイイ”に近づけるようになりました。

最新の美容とテクノロジー、その両方が掛け合わされれば、たくさんの女の子の夢をかなえてくれる、これまでに見たことがない“美”をサポートする未来のアイテムが生まれるかもしれません。

いつの時代も女の子はかわいくありたいもの。そんな、“カワイイ”を生みだすためのアイデアやテクニックなどが、美容を勉強することで分かるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「生活科学」
はこんな学問です

家政学をベースとして、人の生活を自然科学、人文科学、社会科学の応用により考察・研究する学問。衣・食・住・家族・近隣社会・福祉・環境など、身近な生活環境を向上させたり、新たな環境を生み出したりすることを目的としている。主な分野には、栄養科学や食品化学を研究対象とした「食物栄養分野」、生活環境づくりを研究対象とした「生活環境分野」、人と社会とのつながりを研究対象とする「生活社会学分野」などがある。

「生活科学」について詳しく見る