洗濯のお手伝いでも役立つかも? お気に入りの洋服を長持ちさせる方法がある!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

洗濯のお手伝いでも役立つかも? お気に入りの洋服を長持ちさせる方法がある!?

2016.03.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

洗濯のお手伝いでも役立つかも? お気に入りの洋服を長持ちさせる方法がある!?

お気に入りの洋服は、長く着られたらうれしいもの。洋服を洗濯するときに知っておきたいポイントをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 洋服の種類によっては、取り扱い絵表示に従い、その服に合った洗い方が必要
  • 洗濯機でのくり返しの洗濯で服を傷ませたくないときは、洗濯ネットが便利
  • 家庭生活について考察し、よりよい暮らしを目指すのが「家政学」という学問

お気に入りの洋服を長持ちさせたい……。そんなときは?

みなさんの中には、ファッションにこだわりがあって、アルバイトで貯めたお金やお小遣いで、洋服を買い集めている、という人がいると思います。お気に入りの洋服は長く着て楽しみたいものですが、何度も着ているうちに色落ちしてしまったり、生地が傷んでしまったり、着れなくなってしまった経験はありませんか?

同じ服を長く着ていれば、自然に消耗してしまうのは仕方がないことですが、でも、せっかくのお気に入りの洋服なら、少しでも長く着たいですよね。洗濯機で何度も洗濯をくり返していると、どうしても摩擦やこすれなどの刺激で、服の色が落ちたり、傷んだり、ヨレヨレになったりしてしまうことがありますが、洗濯のやり方も関係があるようです。どのようにすれば、洋服の劣化を防ぐことができるのでしょうか?

洋服の洗い方は洗濯表示でよく確認しよう

洗濯は家族にお任せ、という人が多いと思いますが、お気に入りの服だけでも、自分で試してみるのはどうでしょうか。洋服を長持ちさせるための洗い方をいくつかご紹介します。

まずは、洋服についている「取り扱い絵表示」を見てみましょう。取り扱い絵表示とは、洗濯表示とも呼ばれている、衣料などの内側についているラベルに書かれている記号などの情報です。例えば、「手洗イ」と書かれている場合は、いつものように洗濯機で洗ってしまうと、洋服が傷む原因になります。なぜなら「手洗イ」の表示は、洗面器など使った「押し洗い」など手洗い、もしくは最近の洗濯機ならば洗濯ネットに入れて、「手洗いコース」や「ドライコース」などでも洗うことを推奨しているからです。

取り扱い絵表示には、洗い方だけでなく、塩素漂白やドライクリーニングの可否、アイロンのかけ方、しぼり方、干し方などが書かれており、その洋服に合った洗濯やお手入れ方法を示す案内役ともいえる、とても大切な存在です。お気に入りの洋服を少しでも長く着たい! という人は、これらをよく確認し、洗濯やお手入れ方法を考えてみるといいかもしれません。

また、洗濯機を使うときに、洋服へのダメージを軽減につながるのが、洗濯ネットです。例えば、プリントや飾りのあるトレーナーやTシャツは、洋服を裏返して洗濯ネットに入れて洗うと、プリントや飾りの劣化を防ぐことに役立てることができます。大きなボタンや長いひもが付いた衣類も、洗濯のときにほかの衣類にからみつくなどして、生地を傷めてしまうことがあるので、ネットに入れて洗うといいでしょう。

また、少しでも洋服の色落ちを防ぐには、裏返して洗うことも効果があるようです。買ったときの色を長くキープしたい人は、洗面所で洋服を脱ぐときに裏返しておくといいかもしれません。

家事の裏技に興味があるなら家政学の道へ

こういった洗濯のやり方のように、家庭生活について考察し、よりよい暮らしを目指すのが「家政学」という学問です。家政学では、衣・食・住を中心に、生活全般の向上を追究していきます。

食生活や被服・衣生活、住まい、児童教育など、その研究内容は広く、単なる“家事の勉強”に収まるものではありません。私たちの日常において欠かすことはできない、洗濯をはじめとした家庭生活について、知識を身につけていきたい人にとっては、とてもやりがいのある学問といえそうです。

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「家政学」
はこんな学問です

衣・食・住を中心に生活全般を科学的に捉えて、その向上を追究する学問。具体的には、被服のデザイン、材料、消費について学習・研究を行う「被服・衣生活分野」、食生活についての正しい知識を習得し、材料の実験・調理など実践力を養う「食物分野」、消費や生活設計を経済学の視点で分析する「生活経営分野」など。このほか、児童教育を対象とする「児童心理分野」など、家政を中心としながらも研究対象の幅が広い学問であるといえる。

「家政学」について詳しく見る