弁護士だけじゃない! いろいろある職業バッジまとめ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

弁護士だけじゃない! いろいろある職業バッジまとめ

2015.08.28

提供元:マイナビ進学編集部

弁護士だけじゃない! いろいろある職業バッジまとめ

この記事をまとめると

  • 弁護士をはじめ、職業名に“士”とつく仕事には、その職業に就いていることを証明するバッジがある
  • それらのバッジには、国花やその職業らしいデザインが採用されている
  • 職業名に“士”とつかなくても、検察官や裁判官などもバッジを持っている

弁護士は、初対面の人にでも「私は弁護士です」という証明ができる弁護士バッジを胸につけていることをご存じですか? 弁護士と言えば、常に法律や人と関わる立場ですから、自身の信用を示すためには、こういったバッジは必要な存在なのかもしれません。また弁護士バッジは、難しい試験をクリアして手に入れた名誉の証しでもあります。こうしたバッジは、弁護士以外の職業名に“士”がつく、“士業”と呼ばれる職業の人たちも持っているそうです。では士業とは、一体どんな職業があり、それぞれどんなバッジをつけているのでしょうか?

1.司法書士

司法書士は、不動産や商業にまつわる、状況や権利関係を法務局に届け出し、記録すること=「登記業務」を主に行う専門職です。司法書士のバッジは、五三桐花(ごさんのきり)という花のデザインが目印です。桐は昔から家紋や神紋として使われてきた木で、五三桐花は、菊花紋(きくかもん)に準ずる国章でもあります。

2.行政書士

行政書士は、建築許可や飲食店開業の申請など、個人や法人が役所に申請するべき書類を代わりに書く仕事です。コスモスの10枚の花弁の中に“行”という文字を配置したものが行政書士のバッジ。コスモスの花言葉は「調和と真心」であり、社会調和のために誠意を持って取り組むことを表現しています。

3.税理士

税理士は、「税」に関するスペシャリスト。税金にまつわる税務署に提出するべき申告書を作成したり、経営者の立場に立って経営アドバイスをしたりします。税理士のバッジはとてもシンプルで、日本の国花である桜が上部に小さくついています。

4.公認会計士

公認会計士は、監査や税務、会計など幅広い知識を持った会計に関するプロフェッショナルです。公認会計士のバッジは楕円(だえん)型で、白黒の正方形が市松模様を描いています。2008年にデザインが一新されたことでも話題になりました。

5.海事代理士

あまり耳なじみのない職業ですが、海事代理士は、船舶の登記業務や、国土交通省や都道府県に対して船舶の申請や届出の手続きを行う、海の法律の専門家です。海事代理士のバッジは、金色の菊の中に船を操縦するハンドルのラット(操舵)が描かれています。

6.不動産鑑定士

不動産鑑定士は、どうやって不動産を有効利用するかを判定し、その土地の適正な地価を判断する職業です。不動産鑑定士のバッジは大きさ違いの5つの輪が重なり、その中に日本不動産鑑定士協会連合会の英語名である「JAREA」という文字が入っています。

ほかにも、建築士や社会福祉士、社会保険労務士、土地家屋調査士、弁理士なども、それぞれの職業を表すバッジを持っています。また、職業名に“士”はつきませんが、検察官や裁判官もバッジを持っている職業の一つです。もしここに挙げた職業がドラマや映画で出てきたら、胸元のバッジをチェックしてみると面白いですよ。バッジのデザインや成り立ちなどをきっかけに、それぞれの職業を深く知るきっかけになるかもしれません。

この記事のテーマ
公社・団体・官公庁」を解説

社会の骨組みを支えます。官公庁や自治体の役所、各種団体とも、公共性のある仕事で利益を追求しない点は共通していますが、官公庁や役所の職員(公務員)の給料を含めた運営資金はおもに税金によりまかなわれるのに対し、農林漁業の組合、財団法人や社団法人など法人格を持つ団体は、加盟者から集めた資金やその運用で財務を支えます。NPOやNGOなど特定の活動を目的とした非営利団体もあります。

「公社・団体・官公庁」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「公社・団体・官公庁」
はこんな業界です

公社・団体とは地方公共団体や公立の学校や病院のこと。官公庁は国と地方自治体の役所の総称で、内閣府、国会、最高裁判所、日本銀行なども含まれる。これらの組織で働く公務員には、都道府県庁の職員、公立学校の教師、警察官などの地方公務員と、裁判所職員、1府12省職員、労働基準監督官などの国家公務員がいる。業務内容は多様だが、いずれも国民の生活の基盤を支えることと、公共の福祉に貢献することを目的として業務に取り組んでいる。

「公社・団体・官公庁」について詳しく見る