行きたい学校のオープンキャンパス日程がかぶった! 効率的な回り方とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

行きたい学校のオープンキャンパス日程がかぶった! 効率的な回り方とは?

2015.07.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

行きたい学校のオープンキャンパス日程がかぶった! 効率的な回り方とは?

この記事をまとめると

  • 行きたい大学・学部のオープンキャンパスは全部参加したい
  • 学びの内容、大学ごとの比較などなど、テーマを決めて回ろう
  • 一日のタイムテーブルをシミュレーションして出かけよう

オープンキャンパスは大学情報の宝庫だ!

夏から秋にかけては、大学のオープンキャンパス目白押し。
オープンキャンパスは、日頃は気軽に足を踏み入れることの出来ない大学の中、とくに教室や普段は学生しか入れない食堂、図書館などの各施設にも入ることの出来る貴重なチャンスです。
案内役に現役学生がついてくれたり、実際の講義や実習を体験できるプログラムも体験できます。それまで、イメージでしか知らなかった志望校の「生の姿」も見ることができ、ぐんとキャンパスライフが身近になるでしょう。

オープンキャンパスは、受験校の絞り込みをする場合の判断基準にもなります。
そのためにも、受験候補の大学のオープンキャンパスには全て行きたいですよね。

その1:テーマを決めて回ろう

学びたい分野が決まっている人は、学部開催のオープンキャンパスに注目です。
たくさんの学部を擁する大学では、学部ごとにオープンキャンパスの日程が違う場合があります。
入試対策に重点を置いた開催、公開授業や学生たちによる成果発表、模擬授業など学び体験を盛り込んだイベント、キャンパス内の施設見学を主に行う公開日など、日程ごとにテーマを絞って開催しています。行きたい学部の異なるプログラムの開催日に、何度も足を運んでみるのもよいでしょう。

また、複数の大学の、同様の学部の様子を比較したい場合は、大学ごとの日程に注目。同じ日に違う学校のオープンキャンパスが重なっていたらしめたもの! 日を置かずに比較することで、学校ごとの特徴を明確に印象づけることができます。
その場合、気をつけたいのはプログラムの開催時間です。
せっかく行ったのに、受けたかった模擬授業はすでに午前中に終わっていた! なんていうことのないように。大学のWebサイトなどには、午前、午後それぞれの時間帯にどんな内容のプログラムがあるのか、簡単な内容が載っています。チェックしておきましょう。
模擬授業などに参加する場合は、できれば事前に授業や学びに関する質問を用意しておくとよいでしょう。大学での学びに関するイメージがぐんと広がり、さらにモチベーションがあがりますよ。

体育会活動や部・サークル活動にも関心がある人は、課外活動が公開される日も、調べておくとよいですね。

その2:異なる環境の大学を複数校回ろう

まだ文系、理系の区別ぐらいで、細かく学部を決めていない人は、キャンパスの様子や校風などが気になりますよね。まず、4年間どんな環境で学びたいかを最優先に、志望校を選ぶことも選択方法の一つです。

その場合は、なるべくいろいろな学校を見て回って、ピンと来たところでモチベーションをアップさせたいもの。まずは、ネットなどで公開されているオープンキャンパスの日程一覧をくまなくチェックしましょう。
第一志望にしたい学校と第二志望にしたい学校、どちらかは第一志望にしようと思っている学校同士などを織り交ぜ、受験時の組合せも意識して複数校を同日程に訪問してみましょう。学校によっては都心と郊外の両方にキャンパスを持っています。「多摩地域」「東京23区」などと地域を決めて回るとよいかもしれませんね。

ただいずれにしても、同じ日に複数のロケーション間を移動するとなると、自宅から学校までの最寄り駅、学校同士の最寄りの駅から最寄りの駅までの乗り換えや、かかる時間、駅から学校までの行き方をしっかり調べておく必要があります。郊外のキャンパスを訪ねる場合、最寄り駅に発着する電車の本数も少なめなので、注意しましょう。
タイムスケジュールをしっかり組むと、午前、ランチタイム、午後……など3校回れるかもしれませんね。

学びたい分野が明確に決まっている人も、学校の校風から選びたい人も、オープンキャンパスは、頭の中に思い描いているイメージを具体化できる良いチャンス。
交通アクセス、費用、一つの大学での滞在時間の目安など、事前にシミュレーションし、オープンキャンパス紀行を有意義なものにしましょう。