オープンキャンパスに行くと、推薦に有利になるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパスに行くと、推薦に有利になるの?

2015.07.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

オープンキャンパスに行くと、推薦に有利になるの?

オープキャンパスに行くことで推薦入試に直接加点されるわけではありませんが、それでも足を運ぶメリットは大いにあります。ここでは、どうして推薦にオープンキャンパスが欠かせないのか、またオープンキャンパスを最大限活用するポイントをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 推薦入試ってどんなことが評価の対象になるのかな?
  • オープンキャンパス、こんなところを見てみよう
  • 志望動機作文や面接試験では、大学でやりたいことを具体的に!

推薦入試ではあなたの人物像や「ヤル気度」が評価の対象に!

大学入試の仕組みの一つに推薦入試があります。
これは、高校での成績や課外活動などを総合的に評価し、大学側が示す基準に見合った受験生を通常の入試とは違う方法で行う試験。単に科目試験の結果で判断するのではなく、人柄を見たり、大学で何を学びたいか、どんなことに力を入れたいと思っているかなどに注目します。

推薦入重要となるポイントは、主に2つ。
志望動機を書くエントリー作文と面接です。双方ともに大学を志望した理由、またそこで何を学びたいかなどを伝えるもの。
とくに面接は、学校によっては数回にわたって行われ、具体に、ぶれずに、自身の考えを表す必要があります。
こうした試験で有効なのが、オープンキャンパスでの体験なのです。

オープンキャンパスに参加するときはここに注目

ではどんなことを意識して、オープンキャンパスに参加したらよいのでしょうか。

例えばキャンパスツアー。
あなたは何学部で、どんな学びをしたいですか?
それを念頭に置いて、キャンパス内の施設や設備に注目しましょう。

もし生物学を学びたいという人にとって、気になるのは、実験設備や実際に生物や植物を飼育・栽培している設備があるかどうかかもしれません。

また外国語学を学びたい君なら、短期・長期留学制度、留学生の在籍状況、外国人講師の割合などをチェックしたいところ。

理工学系志望者はいわずもがな。最新の設備が完備されているかを知りたいはず。
プログラミングを重視した学びに関心のある人は、パソコン環境やセキュリティシステムについてチェックすれば、その大学の力の入れようが分かるでしょう。

案内してくれる先輩へ質問しながら回ると、知りたいことへの理解がより深まります。推薦入試対策ととらえず、自身の4年間のキャンパスライフをより充実させるためにも、オープンキャンパスにはぜひ意欲的に臨みたいもの。入試へのモチベーションもぐんと上がりますよ!

面接や志望動機書はキャンパスでの体験をもとに具体的に

実際に、推薦入試で大学を受験することが決まったら、次のことを意識してみてください。

志望理由については「人にすすめられた」や、「○○さんが行っていた(る)から」などは主体性やその人の意欲が感じられず好印象を与えません。
入学後に大学で何をしたいのかは、最も重視される点の一つ。
漠然とした夢よりも、その大学について自分がメリットに感じる点やそれによって自分はどんな学びを実現できそうか、などをその大学に即した内容で具体的に述べることが重要です。

そう。このときに生きてくるのが、オープキャンパスでの体験です。
実際に目で見て感じたことをおりまぜながら、このシステムをこう利用したい、あの設備でこんなことができそうだと考える……などを伝えると、大学側の評価はぐんと上がります。
気をつけたいのは、褒めるだけになりすぎないこと。自分が利用する場合を想定してこうしたら良いと考える……といった視点で伝えれば、多少批判的な言葉となっても耳を傾けてくれるはずです。

オープンキャンパスと志願書の提出、面接の時期はずれているもの。せっかくオープンキャンパスで見たこと、感じたこと、そして自分が書いて提出した内容を忘れないように、きちんとメモや控えを取っておきましょう。