準備が肝心! オープンキャンパスは適当に参加しても意味がない!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

準備が肝心! オープンキャンパスは適当に参加しても意味がない!?

2015.07.10

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

準備が肝心! オープンキャンパスは適当に参加しても意味がない!?

オープンキャンパスは、学校の雰囲気や施設の規模、学びの環境などが体験できる絶好のチャンス! 具体的な進路を決めるのにも大いに役立ちますから、ぜひとも参加しておきたいものです。

しかし、そうはいっても、興味のある学校のオープンキャンパスに片っ端から参加してみたり、何の予備知識も持たずに参加するのでは意味がありません。本当に進学したいと思う学校を絞り込むためには、しっかり事前準備をして臨むことが大切。オープンキャンパスに参加する前にやっておくべきことを紹介します。

この記事をまとめると

  • たくさんの候補の中から、オープンキャンパスに参加したい学校を絞り込む
  • オープンキャンパスに参加する前に学校資料の比較は必須
  • 学校資料を比較するときにチェックしておきたいポイントとは?

オープンキャンパスに行きたい学校を見つけ出そう

たくさんの学校を見ておきたい!と思うのは当然のこと。最初から候補を絞ってしまう必要はありません。まずは、オープンキャンパスに参加してみたいと思う学校をどんどんリストアップしていきましょう。それから、一つひとつ「どうしてこの学校に行きたいと思うのか」を考えていきます。自分の進路として適切なものであるかどうかを判断するのです。

なかには「有名だから」「今の実力で簡単に入れそうだから」「得意科目の学部・学科だから」といった理由で選んでいるものがあるかもしれません。でも、それらの理由は、本当に自分が選びたい進路を見据えてのものではないかも……。

この学校ならではのこんな環境が自分に合うかもしれない、この職業に就くための資格を取ることができる点がいい、など、具体的な「行きたい理由」を説明できるかどうかを考えてみてください。それだけで候補となる学校は自然に絞れてくると思います。

どうしても今の段階では絞れないな……というのであれば、多少幅を広げてそれらの学校のオープンキャンパスにも参加しておくべきです。今の自分が強く惹かれる“何か”を見つけ出すためのオープンキャンパス。よく考え、後悔しない、納得のいく学校選びをしていきたいですね。

オープンキャンパスに参加したい学校の資料を請求しよう

自分の行きたい学校を見つけるためにも、オープンキャンパスに参加する学校をよりしっかりと吟味するためにも、多くの学校を事前リサーチすることが重要です。現在は多くの学校がホームページを用意しており、ネットで検索するたけでもたくさんの情報を得ることが可能です。

ですが、やはりおすすめはきちんとした紙の資料を請求し、じっくり何度も読んでみることです。学校から送られてくる資料には、ホームページよりも1歩踏み込んだ情報もあります。自分が気になることをチェックしたり、他の学校の似た項目と並べて比較してみたり。パソコンのモニタではなかなかできない資料の使い方もできます。

たくさん資料請求すれば、選択肢はそれだけ広がります。進学の目的がまだはっきりしないという人も、学校、専門学校問わず、積極的に学校資料を取り寄せてみると、将来の「なりたい自分」のイメージが具体化されてくるかもしれません。資料請求には、効率的に学校を探し出し、簡単に資料請求できるマイナビ進学のサイトを利用してみましょう。

【マイナビ進学のサイトの使い方】
1.まずは 「オープンキャンパスをさがす」 のページにアクセス

2.自分が考える条件で学校を絞り込む
・キーワード…学校名など
・開催日…自分の都合のいい日や期間
・開催地…東京都内であれば「東京都」を選択。自分が通う地域を選んでクリック。
・学校の種類…大学・短大、専門学校、その他の教育機関などから選んでクリック。
・イベントの種類…オープンキャンパス、学校見学会、体験入学などから選んでクリック。
その他、「学べる学問」「目指せる職種」「イベントの特徴」などを入力して絞り込むこともできます。

3.いくつか学校を検索できたら、興味のある学校名やイベント名などをクリック
内容を確認しつつ下の方まで読むと、「資料を請求する」のバナーがあるので、これをクリック。複数の資料を一度に選択可能です。

4.選択が終了したら、送付先などを入力
「マイナビ進学メンバー」であれば、ログインすることで送付先を簡単に設定できます。

日程を確認して申し込もう

資料をしっかり確認し、「よし! この学校のオープンキャンパスに行こう!」と決めたのなら、日程を確認してオープンキャンパス参加の申し込みをしましょう。申し込み方法は学校によって異なりますので、必ず参加方法・参加条件などを確認します。
・マイナビ進学のサイトから申し込みができる学校
・直接の電話予約が必要な学校
・学校の公式ホームページからの申し込みが必要な学校
・資料に同封されている「申込用紙」を利用する学校
……など、さまざまです。また、申し込み期限がある場合もあります。

事前に持っていくものを準備しよう

オープンキャンパスに持っていくものは事前に準備しましょう。
『ここで差がつく! オープンキャンパスへの持ち物一覧』
を参考に。事前に資料請求していたら、その資料も持っていきましょう。「資料に書いてあったこの部分をもっと知りたい!」「自分の目で確認してみたい!」というポイントはしっかりチェック。付箋などをつけてすぐに見ることができるようにしておくといいですね。

あらかじめチェックしたいポイントを整理しよう

請求した学校の資料請求をただペラペラめくって眺めるだけではもったいない!次のポイントをチェックするように意識して読んでいけば、進学先選び・オープンキャンパス選びにより役立つ材料となります。

【チェックポイント】
1.自分が思い描く学びができる学校か
学部や学科の紹介ページを読みましょう。同じ学部名、学科名でも、学校によって学びの内容がまったく違うこともあります。看板だけでなく中身を見るようにしましょう。

2.自分が興味を持てるカリキュラムがあるかどうか
資料の中では、学年ごとに学べる専門科目やその学部の特徴的な授業が紹介されています。学校ごとに比べてみましょう。ゼミ情報や、先輩たちの感想、アドバイスも参考になります。

3.就職実績や就職支援制度、資格支援サポート
気になる卒業後の将来のこと。学んだことをどう活用できるのか、先輩たちの就職先や資格取得率などもしっかり押さえておきましょう。

4.学生生活にかかる費用
進学先が国公立大なのか、私立なのか、専門学校なのか。また、自宅通学なのか下宿するかによっても、必要な費用は大きく異なります。どの学校を選ぶとどれくらいの費用が必要になるかはざっくりと頭に入れておきましょう。奨学金の利用を考えている場合は、各学校の制度や条件を保護者とともにチェックしておく必要があります。

5.オープンキャンパス情報
最新の学校資料には、日程や主なプログラム、参加方法などの情報が載っています。予約が必要なプログラムもあるので、しっかりと確認しておくこと。学校パンフレットだけでは分からなかったことや、もっと掘り下げて質問したいことなどをまとめておき、相談コーナーなどを利用するのもおすすめです。

一つのオープンキャンパスに費やすことができる時間は限られています。見たいものや知りたいことをはっきりさせ、どこをどう歩けば、誰に尋ねれば目的を達成することができるのか。充実したオープンキャンパスにするには、まずそのような計画を立てる必要があります。

そして、充実した計画を立てるためには、事前の資料の読み込みが重要です。知らない街の魅力を探し出すには、がむしゃらに歩くよりその街の人に聞き出すのが一番。学校も同じこと、資料はあなたにたくさんの情報を伝えてくれています。しっかりと資料を活用し、有意義なオープンキャンパスにしてくださいね!