超能力をマジメに研究するガクモンがあるらしい!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

超能力をマジメに研究するガクモンがあるらしい!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

超能力をマジメに研究するガクモンがあるらしい!

この記事をまとめると

  • 超能力が本当にあるかどうかを研究するのが「超心理学」
  • テレパシーなどができるかどうかを、特別な施設で何度も実験するという
  • ただし研究データの分析法や実験での心理的な影響など、課題もある

超能力の実証に挑む「超心理学」

テレパシーや透視能力は本当にあるのか−−。そんな研究をまじめに行うのが「超心理学」と呼ばれる学問です。ミステリーを信じないマサオと、超能力が大好きな同級生のゴローが、超能力の有無について議論を交わします。

“超能力”を研究する学問がある!?

ゴロー「マサオ、お前きっと今、『おなかすいた』って思っただろ? お前が送ったテレパシーを、俺が読み取ってやったぜ。ヘヘン」

マサオ「確かに『おなかすいた』とは思ったけれども、それを当てたのは偶然であって、テレパシーなどはこの世に存在しない。変なことをいうのはやめたまえ」

ゴロー「相変わらず醒(さ)めたヤツだな、マサオは。お前は本当にテレパシーや未来を予知する力を信じないのか?」

マサオ「もちろん、まったく信じない。そんなことを信じているヒマがあったら、趣味の歴史小説を読みあさりたいよ」

ゴロー「そう言うと思ったよ。でも聞いてくれ。マサオが信じようとしないテレパシーや未来予知は、立派な学問として研究されているんだ。『超心理学』という学問ジャンルになっていて、実際にそういう力を証明できるかどうか、実験が行われているんだぜ」

マサオ「どうやらそうらしいね。僕も少し知っているよ。海外ではかなり取り組みが進んでいて、それを専門に研究できる大学もあるらしいじゃないか。日本でも、超心理学を研究している教授が数名いるらしいね」

テレパシーや透視の力を確かめるための実験とは?

ゴロー「なんだよ、かなり詳しいじゃないか! そうなんだ。超心理学では、たとえばある人が紙に描かれた絵を見て、それをもう一人に言葉を使わず伝えられるか、といった実験を大量にやるんだ。ほかには、袋の中に入ってるモノを当てる透視の実験なんかもそうだな」

マサオ「さらにいえば、幽霊の存在や、モノを触らず動かせるかということも実験の対象になるようだね。僕にはまったく興味のわかない世界だが」

ゴロー「詳しいな、マサオ! 俺も最初にその話を聞いたときはビックリしたよ。でも、信じる・信じないは別として、こういうテーマで膨大な実験を繰り返していることがすごいよな。ロマンがあるよ!」

統計や心理が関わるからこそ、おもしろく、難しい学問

マサオ「ロマンを信じるのは勝手だが、超心理学についてはいろいろな問題が出ていることも事実だよ」

ゴロー「え、どういうことだよ? (というか、マサオは俺よりずっと知ってるじゃないか)」

マサオ「問題というのは、超心理学の実験で得たデータの考え方さ。たとえばAさんに透視能力があるか調べるために、1000枚の紙にア〜オのうちどれかの文字を書いて、それを封筒にしまう。そしてAさんに1枚ずつ中の文字を当ててもらおうとする。このとき、いったい何枚の絵を当てれば『透視能力がある』といえるのだろうか」

ゴロー「つまり、透視能力があるかないかを判断するラインがわからないということ?」

マサオ「そういうことさ、5種類の文字なら『たまたま当たった可能性』だってある。だから、どこまでが偶然でどこからが透視能力か判断しにくい。こういう確率の考え方は、数学の統計論という分野にも関わってくるんだ」

ゴロー「なるほどなあ。そんなこと全然考えていなかったよ」

マサオ「あと、超心理学については人の心理も大きく影響する。たとえば君みたいに『超能力を信じる』という人と、僕のように『絶対信じない』という人では、実験の結果や内容に対する考え方も異なってくる。そういう意味では、非常に評価が難しい分野だね」

ゴロー「そうか、10回に1回、透視を成功させたとしても、それをどう捉えるかは相手の心理が関わってくるもんな」

マサオ「そう、だから超心理学を心理学の研究テーマとして捉えることもできるんだよ。同じ現象を見ても、心理によって解釈が全然違うからね。君も超心理学を信じる人と信じない人の心理傾向を学んでみると、もう少しステップアップできるかもしれないよ」

ゴロー「へへへ、結局はマサオに教えてもらうことになったぜ。確かに超心理学を知るには、統計論や心理学についても学んだほうがいいかもな。ありがとよ、マサオ!」

統計学が超能力を解き明かす日も近い?

心理状態などの目に見えないものを検証するとき、「本当かどうか」を見極めるのはとても難しいことです。そこで活躍するのが統計学。さまざまなデータをもとに、検証結果のウソ・ホントを見破ることも可能だと言われています。心理学の一部である「心理統計」は超能力の存在を実証できるのか。近い将来、おどろきのニュースが流れるかもしれませんね。

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る