オープンキャンパスで聞いておきたい!入試に役立つ6つの質問

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパスで聞いておきたい!入試に役立つ6つの質問

2015.07.08

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

オープンキャンパスで聞いておきたい!入試に役立つ6つの質問

オープンキャンパスは大学での生活の様子を間近に見られるだけでなく、大学の関係者の方に受験に関する心構えや、ヒントを教えてもらえるまたとない機会。その際に「おっ!」と一目置かれるような質問内容をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 合格基準などの細かい部分まで聞いてみよう。はっきりとした数字を意識することで、目標も明確になるはず
  • オープンキャンパスでは、実際の面接の際に聞かれることも細かく知れるチャンス
  • 受験で提出する書類について、間違えやすい点なども聞いておこう。ほかにも、キャンパスにいる優しい先輩を質問攻めにしよう

質問1:試験の結果と書類の内容(成績)の比重は? どの程度の割合で受験に影響する?

大学受験の場合、センター試験での受験可能な学校が多数あります。オープンキャンパスに参加するのであれば、合格基準に達するためはどのくらいの成績が必要なのかということを質問してみましょう。学校によっては、試験の成績と学校の成績を何:何で見るのかも若干異なります。自身の合格基準を明確にするためにも、ぜひともオープンキャンパスで質問してみてください。

質問2:推薦入試の面接の際には、どのようなことを聞かれる?

推薦入試では面接を行う学校が多いので、ぜひオープンキャンパスの機会を通してどのようなことを聞かれるのかをチェックしておきましょう。具体的にどんな質問があったのかを聞くことができるだけでなく、「ここ数年の傾向」なども教えてくれるかもしれません。

こうした質問をすることで、大学の受験に前向きで意識が高いという印象を与えることができます。また、はっきりとした数字が見えることで、自分自身にとっても目標が明確になり、どうその成績を目指していくかを具体的に考えやすくなるでしょう。

質問3:推薦書類の書き方など、書類上で注意しなければならない点は?

書類の書き方には、その人の性格が表れるものです。対面していない状態で実施される書類審査では、書面に書かれていることはもちろんのこと、その書き方も、どんな学生であるかの判断材料とされます。

書面の字はあくまでも正しく丁寧に。オープンキャンパスに参加した際に、書類を書く上で間違えやすい点などを質問しておけば、実際に書くときにもスムーズになるでしょう。

質問4:どういった勉強をすればいいか? おすすめの勉強法は?

他の学校にない特殊な資格取得や職業を目指す学校、珍しい学部や学科がある学校では、独特の勉強法や勉強のコツのようなものがあるかもしれません。今まで気づけなかった意外な勉強や、先輩たちが実施してきた勉強法などが聞ける可能性もあります。

質問5:大学の雰囲気は? どんなカリキュラムがある?

「雰囲気」というと漠然としているようですが、学校内部の人がその学校をどのように捉えているか、どんな印象を持っているかを聞くのは、大変興味深いものです。大学に対する不安が解消したり、より親しみを持ったりすることができるかもしれません。ぜひ尋ねてみましょう。

また、カリキュラムについては学校からもアピールしたい点があるはず。改めて質問することで、全体に向けた質問よりももっと深い知識を得られる可能性があります。

質問6:卒業生の進路は? どんな職業に就いた人が多い?

卒業生の進路については資料にも掲載されているかもしれませんが、とてもざっくりとしたものです。オープンキャンパスで質問をすれば、こんな勉強をした生徒はこんな進路を歩んだ、こんなカリキュラムで頑張っていた生徒はこんな職業に就いた……など、さらに細かく具体的な例を教えてもらうことができるかも。自分が目指す進路を歩んだ先輩について知ることができれば、さらに進学に向けてのモチベーションもアップしそうですよね。

質問のチャンスを無駄にしないためには?

質問の時間はあまり長くありません。貴重なチャンスを有効に生かすためにも、あらかじめ質問をまとめておくことをおすすめします。そうすることで、より細かなところまで質問できますし、何より「気にしていたのに忘れてしまった」といった質問し忘れがありません。

大学の先生たちは、意欲的な生徒の質問を喜んで受け入れてくれるはず。疑問に思ったことは臆すことなく率直に聞いてみましょう。質問したことによりまた新たな疑問がわいてきたのなら、それについても遠慮せず尋ねていきたいですね。

そのほか、希望の学部などがすでに決まっていた場合には、どんな研究をしているのかを聞いておくのもいいでしょう。自身の思っている方向性と一致するのかどうか確かめておけば、入学後にやりたいことができないということも少なくなるはずです。

先生だけじゃなく、在校生の方にも受験時のことを質問してみよう

先生だけではなく、在校生の方にも質問ができるのがオープンキャンパスのいいところ。実際その学校を受験した経験を持つ先輩たちに、受験時にしていたことなどを聞いてみるのも手段の一つです。経験者の言葉は何よりも参考になるはず。得られる情報にも有益なものがたくさんあります。ぜひ、さまざまな方のアドバイスをたくさん受け取ってきてください。