スポーツというより冒険? 断崖絶壁で"アイロンがけ"の珍スポーツ!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

スポーツというより冒険? 断崖絶壁で"アイロンがけ"の珍スポーツ!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

スポーツというより冒険? 断崖絶壁で"アイロンがけ"の珍スポーツ!

この記事をまとめると

  • 過激さを重視するスポーツ、エクストリームスポーツ
  • 世界大会も行われている極限状態でのアイロン掛け競技エクストリームアイロニング
  • ゲートボールや一輪車など、さまざまなエクストリームスポーツがある

度胸が求められる過激なスポーツ、それが「エクストリームスポーツ」

サッカー、野球、ラグビー、テニス、水泳……と、この世界にはさまざまなスポーツ競技があります。その中には、「エクストリームスポーツ」と呼ばれる、速さや高さ、危険さなどの「過激な(extreme)」要素を持ったスポーツがあります。よく知られている競技だと、スノーボードやロッククライミング、スカイダイビングやサーフィンなどがあり、自身の身体能力だけでなく、度胸も求められるスポーツともいえます。

精神的な強さやパフォーマンスの個性が問われるスポーツであるため、強烈な印象を残す競技が多くありますが、その中でも際立って個性的なスポーツがあります。それが、エクストリームアイロニングです。

極限状態でアイロン掛け? 「エクストリームアイロニング」とは?

エクストリームアイロニング(extreme ironing)、別名エクストリーム・アイロン掛けは、山の斜面やカヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大通りの真ん中などでアイロン台を広げて、服にアイロンを掛けるエクストリーム・スポーツです。

何をいっているの?ふざけてるの?と思う人も多いと思いますが、さまざまな状況下でアイロンを掛けるこの競技は、欧米を中心として700名ほどの競技人口がおり、なんと、世界大会も行われているのだとか。なお、日本には7名ほど競技者がいるそうです。

断崖絶壁でアイロンを掛けている姿を想像するだけで非常にシュールですが、スカイダイビングをしながら、はたまた銃を構えた兵士がいる中など、私たちの想像を超える極限状態の中でアイロン掛けが行われています。中には、滝に打たれながらアイロン掛けという、もはや本末転倒なものもあります。ちなみに、アイロン掛けの高度記録は、アルゼンチンのアコンカグアの頂上(6959m)でのアイロン掛けだそうです。

ゲートボールに一輪車? 世界にはさまざまなエクストリームスポーツが!

日本の競技者はどうかというと、富士山の頂上で、はたまた相模湾でサーフィンをしながら、さらにはそのまま海底でアイロニング……など、世界のライバルに負けず劣らず、過激なアイロン掛けを行っているようです。

スポーツの常識をはるかに超えた一見おかしな競技ですが、チャレンジする人口は増え続けているといいます。世界には他にも、エクストリームクロッケー(ゲートボールの原型)、エクストリーム一輪車といったさまざまエクストリームスポーツがあります。何だか、想像するだけで楽しい気分になりますよね。

私たちが体育の授業や友だちとの遊びの中で触れるスポーツはごく一部です。大学のスポーツ系学科に進めば、こうしたスポーツの種類はもちろん、ルールやテクニックなど、より高度な研究をすることができます。もしかしたら、誰も考えつかない新たなエクストリームスポーツをあなたが考案することになるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学などさまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る