トイレ表示、男が青で女性が赤なのはなぜ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

トイレ表示、男が青で女性が赤なのはなぜ?

2015.08.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

トイレ表示、男が青で女性が赤なのはなぜ?

この記事をまとめると

  • 青と赤は世界中でダントツ人気の2色だった!
  • トイレの男女の区別が青・赤になったのは、東京五輪から
  • 性的役割分担につながる要素だと懸念する意見もある

男性が青で、女性が赤になった理由

青は男の子の色で、赤が女の子の色。子どものころから私たちはなんとなくそのように刷り込まれてきました。なぜ緑とオレンジではないのでしょうか。はたまた、なぜ「女の子の色」が青でなくて、男の子の色が「赤」ではないのでしょうか。

赤と青には、白黒だと弔事、紅白だとおめでたいこと……のような、特定のイメージがありません。また、寒色の代表色・青と暖色の代表色・赤で対比もしやすいというのも、トイレ表示の色に選ばれた理由でしょう。
ちなみに男性が青で女性が赤なのは、男性が寒色系の青を好み、女性は暖色系の赤を好むからといわれています。

東京五輪がターニングポイント

トイレの男女の区別が青と赤なのは、今では世界中の共通認識ですが、その発祥が日本だということはご存じですか。

きっかけは1964年の東京五輪。世界中から選手や観戦客が訪れるため、誰でも一目で分かるマークにする目的で、トイレを男=青、女=赤で区別するスタイルが採用されたといいます。

もともとは、男女の識別はスカートとズボンのマークのみで分け、色は両方とも黒にする案もありましたが、男性がスカートをはく国や、ズボンをはく女性がある、という意見から色で区別することになりました。
このとき、男=青、女=赤という色についてはとくに異論が噴出することもなかったそうです。その後、1970年の大阪万博でも採用され、このトイレマークが一層広まりました。

「女=赤、ピンク、男=青、緑」は性的役割の決めつけにつながる?

トイレ表示の色から、少し視界を広げてみましょう。
一昔前までランドセルは女の子が赤で、男の子が黒のものを使うのが主流でした。いまでは、黄色、緑、茶色、ピンク……とバリエーションが広がっていますが、基本的に女の子の多くは、暖色系を選んでいるようですね。男の子も多くは、黒や濃紺などを使っています。

世の中を見回してみると、テレビをつければ女性タレントのテロップはピンク、男性タレントの話した内容は水色、週刊誌の表紙では女性タレントの名前が赤字なのに対し、男性タレントの名前は青字であったりします。そこここで赤=女性、青=男性というイメージがあふれています。
単なる区別といってしまえばそれまでですが、「色で男女を区別することがひいては、『女は家事』『男は仕事』というように、社会での役割を決めつけることにつながらないか」と懸念する意見もあります。

あれれ……トイレの男女を区別する色への関心から、その背景を調べていくうちに、ジェンダー論にたどりついてしまいました。
このように、一つのことに、多方面からの情報や意見によってアプローチすることで、それまで見えなかった側面を考察する機会に出会えるのが社会学の学びです。社会学の学びの題材は、身近にあります。視点を変えてまわりを見回してみると、「?」や「!」があふれているはずです。

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「政治学」
はこんな学問です

社会制度の基礎となる枠組みを決めるのが政治であり、政治理論、政治思想史、政治史、公共政策、国際政治などについて総合的に研究するのが政治学である。具体的には、国内の少子高齢化と介護福祉の問題などの目の前の問題から、世界の平和を危うくする海外の紛争と難民の問題まで、政治学的なアプローチによる幅広い研究がなされている。また、より公正な政治を実現するために、国によって異なる国家を統治する仕組みや制度についての比較研究も行う。

「政治学」について詳しく見る