人間だけじゃない! ペットの高年齢化・介護問題が深刻

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

人間だけじゃない! ペットの高年齢化・介護問題が深刻

2015.08.13

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

人間だけじゃない! ペットの高年齢化・介護問題が深刻

この記事をまとめると

  • 犬の平均寿命は、30年前に比べて倍にまで伸びている!
  • 寿命延長により、犬の介護施設やサービスの需要が拡大している
  • 獣医にとって認知症への理解や介護知識が不可欠になりつつある

犬の平均寿命は、30年前に比べて倍にまで伸びている!

今から約30年前の犬の平均寿命は、6歳~7歳。
そして現在の平均寿命は、なんと14歳。
人間に換算すると、およそ40歳から70歳にまで寿命が延びた計算になるんです!(※小型犬の場合)

栄養価の高いドックフードが普及したことや、医療技術が向上したことで、長生きする犬たちが増えたのは良いことなのですが、その一方で、新たな問題が獣医師や飼い主達を悩ませているのだとか。それが、今回のテーマである『ペットの高年齢化・介護問題』なのです。

心臓や神経、関節の障害など、人間と同じような症状に苦しんでいたり、介護なしでは生活できない犬が増えました。介護問題は人間だけの課題ではなくなってきているのです。

犬の介護って、具体的に何をするの?

その内容は、オムツ交換や食事介助、関節のマッサージなどさまざま。中には、寝返りがうてなくなってしまい、24時間の見守り介護が必要な重症の犬たちもいるんですよ。

飼い主であれば、最後まできちんと介護をしたいのは当然なのですが、犬のために会社を休んだり、育児や家事そっちのけで24時間介護し続けるのは、現実的には不可能です。

そうした悩みや、葛藤を抱える飼い主さんたちを救うべく、いま、獣医師や動物看護師、ペットショップによる犬のための介護サービスが拡がりを見せているのです。

例えば、大手ショッピングモールが提供する犬用の介護施設では、流動食を用意して食事のサポートをするほか、床ずれ防止のために、スタッフが24時間体制で介護を行うなど、人間顔負けの設備とサービスを整えています。

また、犬のための訪問介護サービスも人気で、毎日数時間、定期的に介護を任せることができる事業所や、ヘルパーから、介護方法やポイントを教えてもらえる事業所など、各社、介護者の負担を減らすためのさまざまなサービスを提供しています。

これからの獣医師、動物看護師にとって、高齢犬医療や看取りは、欠かせないキーワード

日本のペットショップで販売されているのは、大半が、生後数カ月の小さな子犬ばかりです。
そのため、飼い主は老犬になった時の犬の飼い方を想定しておらず、いざ、介護が必要になった際に、とまどってしまうケースが少なくはないのです。

昔であれば、動物病院は、病気をした際に訪れる場所でしたが、最近では、突然の介護にとまどう飼い主が増えていることから、介護のアドバイスや、自宅で看取る場合のサポートを求められる機会も増えてきています。

また、昔は寿命がそこまで長くなかったことから求められる機会の少なかった犬の認知症ケアや、リハビリケアに関する知識も必要になってきました。

誰もがペットは自分の家族だと思い、大切に育てる時代。獣医師や動物看護師の果たす役割は、自分の子供を任せる主治医同様、心の支えとなる重要な人物となりつつあります。

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る