思春期ニキビと大人ニキビの違いって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

思春期ニキビと大人ニキビの違いって?

2015.07.13

提供元:マイナビ進学編集部

思春期ニキビと大人ニキビの違いって?

この記事をまとめると

  • 思春期にできるニキビは、成長ホルモンのバランスが乱れることが原因
  • 大人ニキビは、原因もできる場所もさまざまで、治りにくく痕になりやすい
  • ニキビから肌の状態を判断し、改善のためのアドバイスをするのがビューティーアドバイザーやビューティーカウンセラー

思春期ニキビは成長の証し!

中学生や高校生は、ニキビに悩まされることが多いです。チョコレートやナッツを控えたり、こまめに顔を洗ったりしているのに、それでもニキビができてしまうという人もいるでしょう。

中学生や高校生のときにできるニキビは、思春期ニキビというものです。思春期ニキビの原因は、主にホルモンバランスの乱れだと言われています。子供から大人の体に変化していく中学生・高校生は、成長ホルモンが過剰に分泌されます。また、学校での人間関係や受験などでたまるストレスも影響します。

思春期ニキビは、高校を卒業するころになると、自然にできなくなります。急激な成長がだんだん落ち着き、ホルモンバランスが乱れにくくなってくるからです。それまではつらいでしょうが、いじってしまうと痕が残りかねないので、そっとしておくのが一番なんです。

治りにくく痕になりやすいのが大人ニキビ

思春期ニキビと違って、大人ニキビはニキビができる場所によって原因が異なります。例えば、頬にニキビができた場合、お酒の飲みすぎや脂っこいものの食べ過ぎで胃腸・肝臓が弱っていると考えられます。あごのニキビはホルモンバランスの乱れや婦人科系の病気、鼻の下は偏った食事や免疫力の低下、首は新陳代謝の低下や冷えといったように、ニキビができる場所も原因もいろいろあるのです。

大人ニキビは思春期ニキビと比べて治りにくく、治ったと思ったらまた同じ場所にできたりするのでとても厄介。しかも、思春期ニキビより痕が残りやすいのです。生活習慣の乱れでニキビができてしまったとしても、大人になると仕事が忙しいなどの理由で生活習慣をなかなか正すことができないこともありますので、長期間ニキビに悩まされることもあります。

ニキビに悩んでいる人にぴったりのコスメを選ぶ仕事

最近はニキビ対策のコスメも種類が増え、症状によって使い分けができるようになりました。お店に行けば、ビューティーアドバイザーやビューティーカウンセラーの人たちが、ニキビのできている場所やニキビの種類によって効果のあるコスメをおすすめしてくれます。「私も昔ニキビに悩まされたことがあるんですよ」なんて言われたら、思わず悩みを相談してしまいそうです。

ビューティーアドバイザーやビューティーカウンセラーは、おしゃれなメイクを教えたり、かわいいコスメをおすすめしたりするだけではありません。ニキビに悩んでいるお客に適切なアドバイスができるよう、肌のメカニズムを学んでいる美肌づくりのプロでもあるんですね。

参考:
スキンケア大学|思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?
http://www.skincare-univ.com/article/000807/

スキンケア大学|大人ニキビの治し方
http://www.skincare-univ.com/article/001101/

マイナビニュース|ニキビができる場所によってわかることがある!?
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/03/post_1538.html

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ビューティーアドバイザー・ビューティーカウンセラー」
はこんな仕事です

来店者の体質や希望に合わせて、最適な化粧品を販売する仕事。「美容部員」「ビューティーコンサルタント」などと呼ばれることもある。百貨店や化粧品店のカウンターで、肌の状態をカウンセリングしながら、その人の年齢や健康状態、好みなどを踏まえて、最適なスキンケア方法を提案する。店頭で、来店者に対して実際にメイクを行う場合もある。肌のタイプは人それぞれであり、トラブルに悩む人も少なくないが、そのような来店者に対して希望と自信を与えることができる、やりがいの大きな仕事だといえる。

「ビューティーアドバイザー・ビューティーカウンセラー」について詳しく見る