「病気」が主人公の歴史がある!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「病気」が主人公の歴史がある!?

2015.07.30

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「病気」が主人公の歴史がある!?

世界史といえば国単位の歴史のイメージが強いですね。今回は新しい歴史の切り口として、病気や人口といった新たな切り口の歴史である「グローバル・ヒストリー」について紹介します。

この記事をまとめると

  • 病気や人口、環境、生活水準など、これまでは研究対象とされなかったテーマを探る「グローバル・ヒストリー」という歴史がある
  • グローバル・ヒストリ」は壮大で新しい視点を持っている
  • 歴史だけでなく物事をさまざまな角度から見る視点が大切

新しい歴史「グローバル・ヒストリー」って?

皆さんは「歴史」、あるいは「世界史」についてどのようなイメージを持っていますか? さまざまなイメージがあると思いますが、「中国とかイギリスとか、各国についての出来事を学ぶんだ」「覚える内容が多いけど、とりあえず国ごとの外交を見ておけばいいんでしょ」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。そのイメージは必ずしも間違っているわけではありませんが、実は、世界史の教科書に載っているのはそればかりではありません。地球規模での気温の変遷や、諸地域間の相互関連の推移などの歴史も盛り込まれています。「病気の歴史」というのも、そういった新しい歴史のうちの一つです。

病気や人口、環境、生活水準など、これまでの歴史研究では対象とされなかったようなものをテーマとした新しい歴史を「グローバル・ヒストリー」と言います。世界史の教科書は、大学教授をはじめとする専門家が執筆しており、最新の研究が盛り込まれています。ここでみなさんも、ちょっとだけ新しい歴史のトレンドに触れてみましょう。

「グローバル・ヒストリー」の特徴とは?

「グローバル・ヒストリー」は、20世紀末から21世紀初頭にかけて登場した「新しい歴史」です。「なんだ、生まれた頃にはあったのか」と思うかもしれませんが、まだまだ生まれたての、発展途上にある歴史学です。それだけ、歴史学という学問は長い歴史を持っているわけですね。その特徴は、ざっくり言えば「壮大」で「新しい視点」を持つ点です。病気(疫病)の歴史に即して、その特徴を見ていきましょう。

まず「壮大」というのは、時間的、空間的な話に当てはまります。テーマによっては「宇宙の誕生」までもが範囲に含まれ、地域も一国にとどまらず地中海全体や、ユーラシア大陸などの幅広い範囲となります。疫病を扱った歴史書では、16世紀のスペインの話をしたかと思えば、19世紀のインドの話をしたりと時間的・地理的な壮大さが垣間見えます。
「新しい視点」についてはいうまでもないでしょう。従来の、いわば皆さんが「歴史」ととらえている研究テーマを超えて、先に挙げたような多種多様なテーマが「グローバル・ヒストリー」では扱われています。
このように、新しい視点をもって、巨視的な立場から歴史をつかもうとするのが「グローバル・ヒストリー」の特徴といえます。

歴史とは何かということをさまざまな視点から見つめよう

著名な歴史家の言葉に、「歴史とは現在と過去との対話である」というものがあります。過去はタイムマシンでもない限り変えられません。しかし、過去の出来事をどのように捉えるのか、それによって語られる歴史は異なってきます。私たちの今いる「現在」が変化することで、歴史は変化するのです。つまり「グローバル・ヒストリー」は、「歴史の歴史」上、最も新しい研究といえます。大学での歴史研究は、歴史学の歴史を塗り替えていく学問なのです。
このように、過去は一つですが、歴史は一つではありません。物事をいろいろな角度から見つめる姿勢は、ほかの教科の勉強でも、ひいてはこれからの人生でも大切な技術です。しっかりと勉強して、将来につなげていきましょう。

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る