好きなあの子にアプローチ! 知ったもん勝ちの恋愛テク!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

好きなあの子にアプローチ! 知ったもん勝ちの恋愛テク!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

好きなあの子にアプローチ! 知ったもん勝ちの恋愛テク!

この記事をまとめると

  • 心理学には学校生活でも使える恋愛テクニックがある
  • 3つの心理テクニックを使ってデートの約束をGET
  • アメリカではさまざまな分野で心理テクニックが応用されている

夏休みをもっと楽しくする恋愛心理テクニック

もうすぐ待ちに待った夏休み! 花火大会に夏祭り、海水浴など、楽しいイベントが目白押しですね♪ もちろん、気の知れた友達と行くのもイイけれど、本当は好きな子と一緒に行けたらもっと楽しいのにな〜、なんて思ったりしていませんか?

大丈夫、まだ間に合います! 心理学を応用した恋愛テクニックには、普段の学校生活でも使えるものがたくさんあるんです。

デートの約束をGETするには・・・?

まずは、「ザイオンス効果」で相手の気になる存在になるところから始めてみましょう。ザイオンス効果とは、日本語でいうと「単純接触効果」。つまり、会えば会うほど相手のことを好きになってしまうという心理効果のことです。うまく相手の通学時間に合わせて駅でバッタリ、下校のときに門でバッタリなど、偶然を装って会う回数を増やしていけば、自然と相手の自分に対する親近感が上がっていきます。

そして次に挑戦したいのが、「パーソナルスペースへの侵入」。人は無意識のうちに、他人に近づかれてもOKな距離というものを決めています。それが、パーソナルスペースです。統計によると、日本人が親しい人にのみ許す距離は約60cmなのだそう。ということは、好きな子の60cm以内に近づければ、相手はすでに心を許しているということ。会話をしながらさりげなく距離感を縮めてみて、後ずさりしたり嫌な顔をしたりされなければ、相手はあなたに好感をもっていると思って大丈夫かも!?

パーソナルスペースに入ることに成功したなら、次はいよいよデートへのお誘いです!良い返事をもらう確率を上げるためには、大きな要求を断らせて小さな要求を引き受けさせる、「ドア・イン・ザ・フェイス」という心理テクニックが効果的。とりあえず最初は、「1泊2日で旅行に行かない?」と断られて当然の大胆な誘いをします。そうして一度断らせておいて、「じゃあ一緒に花火大会はどう?」と本来の目的であるデートの誘いをします。すると相手は、一度断った罪悪感から、次は断りづらくなってしまうのです。

紹介したテクニックを今から実践していけば、夏休み中に好きな子と急接近!というのも夢ではありません。

心理テクニックは恋愛以外にも大活躍!

こうした心理テクニックは、恋愛に限らずさまざまな対人関係に効果を発揮します。例えば、「ドア・イン・ザ・フェイス」は、商談でも実際に使われることがあるテクニックのひとつ。心理学先進国であるアメリカでは、ビジネスや政治、教育など、幅広い分野で心理学が活用されています。

大学に進学したり就職したりすると、これまで以上に人間関係が広がるもの。臨床心理士や精神科医になることが目的でなくても、心理学を学んでおけば人生のさまざまな場面で役立ってくれそうですね。

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る