五輪成功、被災地復興のカギを握る重要人物!って何者?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

五輪成功、被災地復興のカギを握る重要人物!って何者?

2015.08.11

提供元:マイナビ進学編集部

五輪成功、被災地復興のカギを握る重要人物!って何者?

この記事をまとめると

  • スタジアム建設や公共施設の復興には、施工管理技士の存在が不可欠
  • 大きなプロジェクトもなると、数千億円もの予算を動かしている
  • 復興支援や五輪開催など、施工管理技士の需要はさらに高まる見込み

その重要人物は、時には数千億円以上もの予算を動かしていた!

私たちが普段、当たり前に使っている公共施設には、一体どれほどの予算と人手がかかっているのか、想像したことがありますか? 道路一つとっても、舗装工事や膨大な数の信号機、ガードレールなどすべてに費用が発生しますし、高速道路となると1kmごとに50億円ほどもかかります。どの公共施設も「こんなにかかってたの!?」と驚くものばかり! 小さな国なら国家予算にも匹敵するような、桁外れの金額を動かしているのは果たしてどんな人物なのか?そのカギを握る重要人物が、今回ご紹介する「施工管理技士」なのです。

施工管理技士とは、いわば現場の指揮者役

これだけのお金を動かしているのだから、さぞかし華やかな仕事なのかと思いきや、施工管理技士の仕事は正直とても地味。その証拠に、設計士や大工職人は知っていても、施工管理技士は知らないという人も多いのではないでしょうか?彼らの仕事内容を分かりやすく説明すると、建築士=建物の設計する人。施工管理技士は=建物が安全に工事されているかを管理する人。という分け方ができます。具体的には、予算組みや必要な資材と職人の手配、スケジュール管理。工事は始まれば、トラブルに対応する為、関係機関と連絡を取り調整を行うetc……全体的に見ても、仕事内容は調整や裏方作業がほとんど。施工管理技士の存在は確かに目立ちはしませんが、実は影で現場の予算・スケジュール・安全な工事進行を司っている、現場の指揮者役なのです。

今から目指せば、あなたも五輪に参加できるかも!?

施工管理技士の仕事は「現場の指揮者役」という言葉以外にも、よく「地図に残る仕事」と表現されます。それは、自分たちが工事に関わった建物や駅は、人々の記憶だけでなく、地図にも残すことができるから。実際に、東日本大震災発生時、多くの施工管理技士が被災地へ派遣され、新しい道路の敷設や、病院や学校施設の再建に貢献しました。また、今後の施工管理技士の活躍において、外すことのできないキーワードが「2020年の東京五輪開催」。スタジアムの建設や新駅の設置など、施工管理技士なしには進められないビックプロジェクトが、この先の数年間、続々と控えているのです。今から勉強をすれば、あなたも五輪関連事業に関われるかも!? 自分の子供だけでなく孫世代にも自慢できる「地図に残る仕事」に挑戦してみませんか?

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「土木施工管理技士」
はこんな仕事です

土木工事の現場で、主任技術者または監理技術者として、工事全般の管理業務を行う仕事。道路・鉄道・上下水道・河川などの土木工事で、現場で働くさまざまな業者を統括し、工事が安全かつ計画通りに進行するように監督する。土木工事は夜間に行われることも多いため、勤務時間は不規則になりがちである。なお、国家資格である土木施工管理技士の資格が必要。同資格には1級と2級があり、1級を取得すれば大規模な公共工事などでも現場を指揮する管理技術者として活躍することができる。

「土木施工管理技士」について詳しく見る