どうして猫は高いところから落ちても平気なの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

どうして猫は高いところから落ちても平気なの?

2015.07.10

提供元:マイナビ進学編集部

どうして猫は高いところから落ちても平気なの?

この記事をまとめると

  • 猫は高いところが好きで、たとえ落ちても安全に着地できる能力がある
  • 猫は落下する時にムササビのように手足を開き落下速度を調節できる
  • 頭から落ちたとしても、自動的に地面までの距離を計算し体をひねって着地できる

猫は優れたバランス感覚と運動神経の持ち主!

ペットとして人気の高い動物と言えば猫。気まぐれな性格や愛らしいしぐさのとりこになってしまう飼い主は少なくありません。最近では雑誌で猫の特集が組まれたり、猫カフェが話題になったりと、“猫ブーム”がさらに加速しているようです。

猫と言えば、その軽い身のこなしも特徴です。家の中で飼っている猫でも、平気で戸棚の上にとび乗ったり、高いところにある窓のふちから飛び降りたりします。外に慣れている猫だと、高くて幅の狭い塀の上を走り回ることもできますよね。そんな猫たちの運動神経が実際にどんなものなのか、みなさんはご存じですか?

猫が高いところから落ちても平気なワケは?!

猫は高いところが大好き。でも、誤って落ちてしまうことも多々あります。そんなときでも、見事に着地して何げない顔で去っていく姿を見たことがある人も多いでしょう。実は、猫は7階くらいの高さから落ちても大丈夫なほどの運動神経を持っているのだそうです。

なぜ猫が高いところから落ちてもちゃんと着地できるのかというと、自ら落下速度を落としているからなんです。猫は、落下する時に手足を広げてムササビのようなポーズをとります。そうして落下するスピードを落としながら着地するのです。着地の時も、強い筋肉としなやかな関節をもった足と肉球が衝撃を和らげているので、高いところから落ちてもけがをすることなく着地ができるというわけです。これは、反射神経と動体視力、柔軟性など、さまざまな要素を持っている猫にしかできない技なんですね。

猫や動物たちの体のメカニズムを解明していく「生物学」

猫が高いところから落ちても平気なのは、必ず足から着地できる感覚を持っているからでもあります。猫は、たとえ背中から落ちたとしても、地面に着くころにはくるりと身をひるがえして足から着地します。

なぜ猫が必ず足から着地できるかというと、どうやら平衡感覚を司る三半規管がカギを握っているようです。三半規管にある「前庭」が、脳に地面に落ちるまでの距離がどれくらいか伝えているため、猫は自動的に頭や体の向きを計算して着地の体勢を整えることができるのです。

「猫は何であんなにジャンプ力があるんだろう」「猫は何でいつも寝ているんだろう」といったような疑問を解明するために、猫をはじめとした動物の生態について研究する学問を生物学といいます。動物が好きな人は、生物学について詳しく学んでみるのも面白いかもしれませんね。

この記事のテーマ
農学・水産学・生物」を解説

私たちはほかの生物から栄養をもらって生活をしています。しかも、採集や狩猟だけではなく、食物を生産するという手段を得て、今日のように繁栄しました。人口増加や環境悪化などに対応し、将来的に安定した食料の確保を維持するためには、農業、林業、水産業などの生産技術の向上が必要です。さらに突き詰めて考えれば、動植物や微生物などの多様な生物に対する研究も重要です。自然との共生が大きなテーマになる学問です。

「農学・水産学・生物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「生物学」
はこんな学問です

マクロな地球の生態系からミクロな細胞の世界まで、さまざまなレベルで起きている生命現象を実験・観察することによって研究する学問である。人間を含めた動物・植物・微生物など、あらゆる生命体が研究対象となる。主な研究分野としては、タンパク質を中心にした生体内の高分子の機能をその構造から研究する「構造生物学」、生態系の構成要素である生物と環境の関わりを研究する「環境生態学」などがある。

「生物学」について詳しく見る