知ってる? 保健室の先生の正体!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

知ってる? 保健室の先生の正体!?

2015.07.16

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

知ってる? 保健室の先生の正体!?

この記事をまとめると

  • 保健室の先生はケガの手当て以外に何をしているのか
  • 実は相談ごと大歓迎の養護教諭
  • 1校に1人とは限らないし、男性の先生もいる

主な仕事は、ケガの手当て?

誰でも一度はお世話になったことがあるだろう、保健室の先生。小学生の頃なら、学級担任の次に多く関わる先生ではないでしょうか。でもあの先生って、ケガの手当て以外に何をしているのでしょう。だいたい、みんな「先生」とは呼んでいますが、本当に「先生」なんでしょうか。

相談ごと大歓迎! の先生

どんな仕事をしているのかというと、やはりまずは(1)「救急処置」。 医療行為は行えませんが、ケガや病気の程度に合わせて手当てをしたり、医療機関へつなぐための救急処置をしたりします。そういえば薬品庫と白いベッドには、病院の出張所のような雰囲気、ありますね。

次に(2)「春の健康診断」。新学期が始まると身体測定や内科検診など、一通りの体調チェックがありますが、それを管理しているのも保健室の先生のようです。ではほかには何を?

実は最も重要な仕事は(3)「児童生徒の健康状態の把握」なのです。一人ひとりの体力や病気に関することもそうですが、不安や悩みなどの心の健康管理が最近特に重要視されています。友だちづきあい、恋愛、進路関係など何でも相談して良い、相談ごと大歓迎の先生なのです。

また目立たないところでは(4)「学校環境衛生の管理」があります。教室の明るさや騒音、気温など学習活動に支障がないよう気を配っているのですね。

ほかには(5)「感染症予防」も挙げられます。大勢の人が集まる場所なので、学校医と連携しながら、感染者が出ないよう、また、増えないように保健指導します。

そしてその立場は、教員免許を持つ「先生」です。数学や英語を担当する先生を一般教諭と呼ぶのに対して、保健室の先生を養護教諭と呼びます。保健師という資格がありますが、こちらは看護師であることが前提の、全く別の仕事です。ちなみに、養護学校(校名にしか残っていない昔の言い方。今は特別支援学校と呼ぶ)の数学や英語の先生は一般教諭が担当します。

男性もなれる養護教諭

養護教諭といえば女性とイメージされる方も多いかもしれません。しかし文部科学省によると、全国の男性養護教諭は2009年までに30人前後に伸び、2011年度で40人以上と増えています。
今後は看護師のように、男性の仕事としても注目される分野かもしれませんね。

この記事のテーマ
教育」を解説

教育機関や子ども向けの施設で、教育指導に関わる仕事を目指します。小・中学校や高等学校の教員を目指す場合、大学や短期大学の教職課程で学ぶ必要がありますが、専門学校の中にも、提携する大学や短期大学の通信教育を受けて、教員免許状を取得できる学校もあります。語学教師や臨床心理士など希望する職種により、必要な資格や免許が異なります。

「教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「養護教諭」
はこんな仕事です

通常は保健室に常駐しており、子どもたちが学校内でけがをしたり、気分が悪くなったりしたときに応急処置をする。学校では「保健室の先生」と呼ばれている。いじめ問題や児童虐待、生活習慣の不安定化、食品アレルギーの増加など、子どもたちが一人で悩んだりストレスを抱え込むことも多くなっている。養護教諭には、子どもたちに対するメンタル面でのサポートが求められる。また、学校保健のリーダーとして、教職員・保護者・医療機関などを結ぶコーディネーターとしての役割も期待されている。

「養護教諭」について詳しく見る