家出して受験した東大生の体験記(前編)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

家出して受験した東大生の体験記(前編)

2015.11.27

提供元:合格サプリ

メイン
テーマ

山磨貴幸さんの体験記。浪人時代、母親との衝突が激化し家出して勉強した経験を基に記事展開します。前編は、家出の経緯と家出中の受験勉強の仕方・不安との戦い方について、後編は、和解の経緯と、全体を通した彼なりの結論(親とのうまい付き合い方)についてです。

この記事をまとめると

  • 母子家庭だったが東大合格のため浪人することに
  • だが、浪人を機に親子関係は悪化。家出という結果に
  • 8カ月もの間、母親とは一切の連絡を絶った

母子家庭の中、東大受験を決意した

僕は現在東大生として大学生活を送っていますが、浪人時代には、親子間の衝突がありました。今回は、その経験から、受験期の良い親子関係の保ち方についてお話ししたいと思います。

僕の両親は僕が小学校1年生の時に離婚し、以降ずっと母子家庭という環境の中で育ってきました。母は僕を生んだ際に重度の喘息を患い、冬になると決まって発作が出てしまうので、定職に就くのが難しく、主にパートタイマーとして僕を女手一つで育ててくれました。そんな経済的には決して恵まれているとは言えない中で、僕は東大への入学を志しました。

親子のいがみ合いは激化し、ついに家出することに

山磨さん。浪人時代に親子関係の断絶があったと語る

山磨さん。浪人時代に親子関係の断絶があったと語る

現役時に正直あまり勉強しなかった結果、僕は合格できませんでした。それでも、母からは絶対にするなと言われていた浪人を希望したのです。今から考えると、「絶対するな」と言われていたことをあえてすることで、1人しかいない親である母に、ある意味で甘えたかったんだろうなと思います。
幸運にも岡山市の上位公立高校の卒業生には、1浪生までを各段に安い費用で高校が受験勉強を指導してくれる補習科制度というものがあり、金銭的に浪人が厳しかった僕でも十分な受験勉強を続けることができました。     
しかし、浪人を機に、進学に関する母との対立は厳しさを増していきました。「高卒で働け」などと、毎日のように罵声を浴びせられ、勉強中にブレーカーを落とされることさえありました。正直、全く勉強できる環境ではありませんでした。
僕は耐えられなくなり、1度だけ母に手を上げてしまいました。そして、岡山市の外れにある祖父母の家に家出することにしました。それは自分の将来を考えた上での大きな決断で、6月のことでした。

母とは8カ月もの間連絡を絶った

浪人という精神的に不安定になりやすい時期に親との関わりを絶ち家出した訳ですから、不安はなかったのか、と思われる方も多いかもしれません。しかし、僕にとっては、進学に対する不安よりも、母との衝突から生じるフラストレーションや、勉強意欲の低下の方が大きな問題でしたね。家出により、その足かせから解放され、心置きなく勉強に集中できました。ただ、その安心感は、離れて暮らす母を徹底的な悪役に仕立て上げ、そう思い込むことで維持されていたのだと思います。実際、母親とは、8カ月近くの間連絡を絶ちました。
ですが、そんな母との関係も、あることがきっかけで和解に向かいます。それについては、次回にお話しします。