東大受験のすすめ:勉強だけじゃない。「交流の場」としての東大の魅力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

東大受験のすすめ:勉強だけじゃない。「交流の場」としての東大の魅力

2015.11.13

提供元:合格サプリ

メイン
テーマ

学生団体代表でもある森川敬太さんが語る東大の魅力。第一線で活躍する人を輩出し、かつ彼らとの交流の機会がある東大で学ぶ意義を伝えます。

この記事をまとめると

  • 東大は同級生も粒ぞろいで、多くのイベントで彼らと仲良くなれる
  • 東大教授や卒業生も第一線で活躍し、自分も大きく成長させられる
  • 卒業生との交流の機会も多くあることが東大の特長でもある

「ヨコの出会い」で、優秀な仲間と交流できる

インタビューに答える森川さん。東大生として、大学生活を満喫していると語る

インタビューに答える森川さん。東大生として、大学生活を満喫していると語る

Q. 現在東大生として学生生活を送られている森川さんですが、入学から1年が経過し、どのように感じていますか?

A. 東大で得られる素敵な出会いには、「タテの出会い」と「ヨコの出会い」があります。ヨコの出会いとは、全国から集まる多様な同級生たちとの出会いです。ガリ勉君や体育会系、ギタリストから金髪ギャルまでよりどりみどり(笑)。この中から将来の大物が生まれるのかも、と考えると面白いですし、その中に自分がいることも、非常に刺激的ですよ。東大はクラス単位で旅行に行ったり文化祭でお店を出したりと、ヨコのつながりを深めるイベントが用意されています。この人たちの中でどうやって自分の色を出していこうか、と考えることがとても楽しいです。

「タテの出会い」で、自分を大きく成長させられる

Q. なるほど。では、「タテの出会い」とはどのようなものでしょうか?

A. タテの出会いとは、授業をしてくれる教授や、課外活動で出会える大人たちとの出会いのことです。それぞれの分野の第一線で活躍する教授の方々が、最前線の講義をしてくれます。でもそれ以上に私が大きな刺激を受けているのは、課外活動で出会う大人たちだと思います。私はGEIL(ガイル)という学生団体で活動しているのですが、活動を通して、毎日のようにいろいろな大人と会う機会に恵まれています。メールや電話1本であらゆる官僚・政治家・研究者・企業の方がいつでも会ってくださります。お会いする方々は、皆まったく価値観や仕事が異なる方ばかりです。加えてどの方々も、自分なりの仕事に対する誇りや哲学を持たれています。その中で、どのような政策だとwin-winになれるのか、と考える経験は、机の上では絶対にできません。1年前に入学した頃とは、ものの見方や考え方が大きく変わったなぁ、と自分自身驚いています。

東大は、フロントランナーとの距離が近い

Q. やはり日本の最高学府なだけあって、そこでの出会いは非常に質の高いものになるのですね。では最後に、高校生に向けて、東大の魅力を改めてお伝えください!

A. どこの大学にも魅力的な出会いはあると思いますが、とりわけ東大でのタテの出会いは一味違います。常に最前線の空気を感じる、という点においては、東大は非常に恵まれた環境です。学問においても、最先端の研究や学説を身近に感じられ、学ぶこともできますし、各界の第一線で活躍する卒業生と交流を持てる機会も数多くあります。私も、東大のネームバリューを活かせるところは、十分に利用して、自分の糧になる経験を貪欲につかんでいきたいです。