セレブが乗ってるタクシーって別格?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

セレブが乗ってるタクシーって別格?

2015.07.03

提供元:マイナビ進学編集部

セレブが乗ってるタクシーって別格?

この記事をまとめると

  • 役員や海外VIPなど、セレブが利用する高級タクシーを「ハイヤー」という
  • ハイヤー運転手は徹底した接客スキルとマナーを身につけなければならない
  • ハイヤー運転手は高級車を運転することができる

「ハイヤー」と「タクシー」はどう違う?

家族と出かけた旅行先や街中での移動などで、誰もが一度はタクシーを利用したことがあると思います。一般のタクシーは、手を挙げれば高校生でも簡単に乗せてくれますが、街中を走っているタクシーの中には、一般人ではそうそう乗ることができない「ハイヤー」というものがあることをご存じですか?

ハイヤーは、厳密にはタクシーの一種ですが、料金システムや営業体系、利用シーンなどが異なります。基本的にハイヤーは完全予約制で、電話で送迎の依頼をしなければ呼び出すことができません。また、時間や距離によって料金が変動するメーター制のタクシーとは違い、ハイヤーは時間貸し切りの一定料金システムです。

お客は、タクシーの出庫から帰庫までの間、運転手と車を雇う(=hire)ことになるため、タクシーよりも料金は割高に設定されています。

ハイヤー運転手は、ただ運転するだけではない!

簡単にいえば、ハイヤーは大会社の役員や海外VIPなど、セレブが利用する高級タクシーなのです。そのため、ハイヤー運転手には高い接客スキルやマナーが求められます。ハイヤー運転手になるためには、厳しい条件を乗り越えなければいけないのです。

まず、ハイヤー運転手になるためには、ハイヤー専門会社やハイヤー部門を持つタクシー会社に入社した後、通常の乗用車を運転する第一種運転免許のほか、バスやタクシーなどの旅客自動車を運転するための第二種運転免許を取得しなければなりません。次に、お客に失礼のない身だしなみや言葉遣いなどを徹底して習得するため、接客接遇についての研修を定期的に受ける必要があります。

さらに、海外の要人を送迎することもあるハイヤーでは、運転手に英会話力が求められることも多く、英語講習会を実施する会社も増えているようです。そして、高度な運転技術や豊富な地理の知識、車内の整理状況、ドアの開け方など数々のチェック項目を全てクリアし、やっとハイヤー運転手として採用されるのです。

キャリアアップには信頼が不可欠!

社会的地位の高い人々と接する機会が多いハイヤー運転手という仕事は、普段の生活ではなかなか見ることのできない、セレブの非日常的な世界をのぞくことができるという意味では、とても興味深い仕事です。またレクサスやクラウン、センチュリーといった高級車を運転することもできるので、車好きにとってもたまらない仕事だと言えそうです。

ハイヤー運転手として習得した一流のサービスやマナー、語学力などは、仕事に限らず、さまざまな場面で役立てることができるかもしれません。自分自身を大きく成長させたいという人にとっても、とても魅力的な職業です。

街中で黒塗りで緑ナンバーの高級車を見かけたら、一体どんな人が乗っているのか、想像してみるのも面白いかもしれませんよ。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ハイヤー運転手」
はこんな仕事です

街中を走りながら乗客を探すタクシーと異なり、ハイヤーは完全予約制の送迎車である。企業と契約して役員の送迎など、地位の高い人物が顧客として利用していることが多い。車種も国内および海外の高級車を用意し、上質な乗り心地を提供する。タクシーと同じく普通二種免許が必要だが、タクシードライバーと異なり、給与は固定給に歩合と残業代も入るため、収入は安定している。きめ細かで水準以上のサービスとマナーを身に付け、お客を迎えなければならない。

「ハイヤー運転手」について詳しく見る