チームリーダーを目指すなら知っておきたい、「帝王学」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

チームリーダーを目指すなら知っておきたい、「帝王学」って何?

2015.07.03

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

チームリーダーを目指すなら知っておきたい、「帝王学」って何?

この記事をまとめると

  • 王家などでは、後継ぎとなる子どもたちに「帝王学」が授けられることがある
  • 「帝王学」では、リーダーとしての振る舞いや心構え、作法などを学んでいく
  • 帝王学を知ることは、会社の経営について学ぶ「経営学」の参考にもなる

リーダーになるための学び? 「帝王学」って一体何?

みなさんは、「帝王学」という言葉をご存じですか? いきなり「帝王」と言われても、想像がつかない人も多いと思いますが、学校生活のなかで学級委員長やキャプテンといったチームリーダーをめざしている人にこそ、知っておいていただきたいことなんです。

まず「帝王」とは、国王や貴族など、ある分野や社会で、非常に大きな権力や支配力をもつ人のことをさします。たとえば、代々続く王家では、王の座を親から子へ引き継いでいくことが一般的ですが、国王や貴族などの、親の地位や役割を引き継ぐことが決まっている子どもは、小さい頃からリーダーになるために特別な教育を受けることがあります。その特別教育の一つが帝王学です。

しかし、リーダーになるための学びといわれても、どんなものなのか想像しにくいと思います。帝王学とは、一体どのような教えなのでしょうか。

会社の社長になりたければ、帝王学を学ぼう!

いくら王家の子どもとはいえ、リーダーになるのは簡単ではありません。リーダーの座を引き継いでも、その人自身に魅力や強さがなければ、下に付く人たちは簡単には納得しません。場合によっては、「あんな人はリーダーにふさわしくない」「あんなリーダーにはついていきたくない」となってしまいます。

そこで、子どもの頃からリーダーになることが約束されているような人たちは、帝王学を学ぶのです。具体的には、大人数の団体をまとめる方法や、部下たちを説き伏せるための話術、リーダーとして全体を見る冷静さなどです。

帝王学で学ぶのはそれだけではありません。リーダーとして認めてもらうには、その人自身が魅力ある人物になる必要があります。そこで、幅広い学問の知識や日常におけるマナー・振る舞い、さらには礼儀作法などを学んで、自分を磨いていくことも帝王学の一部です。

将来リーダーになる子どもは生まれたばかりの時期から帝王学を学びました。現在でも、企業の社長や政治家が、リーダーになるための心構えや振る舞いを身につけるために、帝王学を学ぶ場合もあります。

経営学を学ぶことは、リーダーについて考えることにつながる

帝王学とは、細かく決められた学問ではないため、学ぶ人の目的によって内容は変化します。しかし「リーダーになるための学問」であることは共通しており、帝王学は現在でも会社を経営し、人々を指揮する立場の人の参考になっています。

それゆえに帝王学は、現在ではビジネスや組織の運営について学ぶ「経営学」に近い学問であるともいえるでしょう。どういうリーダーが会社のトップとしてチームをまとめ上げることができるのか。クラスやチームのトップに立ち、強いリーダーを目指したい方は、経営学を学ぶことで、周囲を引っぱるときに役に立つ知識を得ることができるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る